名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

年間第6水曜日

マルコによる福音(マルコ8・22-26)

  そのとき、イエスと弟子たちはべトサイダに着いた。人々が一人の盲人をイエスのところに連れて来て、触れていただきたいと願った。 イエスは盲人の手を取って、村の外に連れ出し、その目に唾をつけ、両手をその人の上に置いて、「何か見えるか」とお尋ねになった。すると、盲人は見えるようになって、言った。「人が見えます。木のようですが、歩いているのが分かります。」 そこで、イエスがもう一度手をその目に当てられると、よく見えてきていやされ、何でもはっきり見えるようになった。イエスは」、「この村に入ってはいけない」と言って、その人を家に帰された。
空白
空白