名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

年間第4金曜日

マルコによる福音(マルコ6・14-29)

  そのとき、イエスの名が知れ渡ったので、ヘロデ王の耳にも入った。人々は「洗礼者ヨハネが死者の中から生き返ったのだ。だから、奇跡を行う力が彼にうちに働いている。」そのほかにも、「彼はエリヤだ」と言う人もいれば、「昔の預言者のような預言者だ」と言う人もいた。ところが、ヘロデはこれを聞いて「わたしが首をはねたあのヨハネが、生き返った」と言った。 実は、ヘロデは、自分の兄弟フィリポの妻ヘロディアと結婚しおり、そのことで人をやってヨハネを捕らえさせ、牢につないでいた。ヨハネが「自分の兄弟の妻と結婚することは、律法でゆるされていない」とヘロデに言ったからである。そこでヘロディアはヨハネを恨み、彼を殺そうと思っていたが、できないでいた。 なぜなら、ヘロデが、ヨハネは正しい聖なる人であることを知って、彼を恐れ、彼に保護し、また、その教を聞いて非常に当惑しながらも、なお喜んで耳を傾けていたからである。ところが、よい機会が訪れた。ヘロデが、自分の誕生日の祝に、高官や将校、ガリラヤの有力者などを招いて宴会を催すと、ヘロディアの娘が入ってて来て踊りをおどり、ヘロデとその客を喜ばせた。 そこで、王は少女に、「欲しいものがあれば何でも言いなさい。お前にやろう」と言い、更に、「お前が願うなら、この国の半分でもやろう」と固く誓ったのである。少女が座を外して、母親に、「何をお願いしましょうか」と言うと、母親は「洗礼者ヨハネの首を」と言った。早速、少女は大急ぎで王のところに行き、「今すぐに洗礼者ヨハネの首を盆に載せて、いただきとうございます」と願った。 王は非常に心を痛めたが、誓ったことではあるし、また客の手前、少女の願いを退けたくなかった。そこで、王は衛兵を遣わし、ヨハネの首を持って来るようにと命じた。衛兵は出て行き、牢の中でヨハネの首をはね、盆に載せて持って来て少女に渡し、少女はそれを母親に渡した。ヨハネの弟子たちはこのことを聞き、やって来て、遺体を引き取り、墓に納めた。
空白
空白