≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

年間第30金曜日

ルカによる福音(ルカ14・1-6)

安息日のことだった。 イエスは食事のためにファリサイ派のある議員の家にお入りになったが、人々はイエスの様子をうかがっていた。 そのとき、イエスの前に水腫を患っている人がいた。 そこで、イエスは律法の専門家たちやファリサイ派の人々に言われた。 「安息日に病気を治すことは律法で許されているか、いないか。」彼らは黙っていた。 すると、イエスは病人の手を取り、病気をいやしてお帰しになった。 そして、言われた。 「あなたたちの中に、自分の息子か牛が井戸に落ちたら、安息日だからといって、すぐに引き上げてやらない者がいるだろうか。」 彼らは、これに対して答えることができなかった。
空白
image
空白