≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

年間第27主日

マルコによる福音(マルコ10・2−16)

  そのとき、ファリサイ派の人々が近寄って、「夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか」と尋ねた。イエスを試そうとしたのである。イエスは、「モーセはあなたたちに何と命じたか」と問い返された。 彼らは、「モーセは、離縁状を書いて離縁することを許しました」と言った。イエスは言われた。「あなたたちの心が頑固なので、このような掟をモーセは書いたのだ。しかし、天地創造の初めから、神は人を男と女とにお造りになった。 それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。だから二人はもはや別々ではなく、一体である。従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはいけない。」家に戻ってから、弟子たちが、またこのことについて尋ねた。 イエスは言われた「妻を離縁してたの女を妻にする者は、妻に対して姦通の罪を犯すことになる。夫は離縁してたの男を夫に夫にする者も、姦通の罪を犯すことになる。」
   イエスに触れていただくために、人々が子供たちを連れて来た。弟子たちはこの人々を叱った。しかし、イエスはこれを見て憤り、弟子たちに言われた。「子供たちをわたしのところに来させなさい。 妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。 そして、子供たちを抱き上げ、子を置いて祝福された。

空白
子供を祝福するキリスト
空白