空白空白
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

年間第19金曜日

マタイによる福音(マタイ19・3-12)

そのとき、ファリサイ派の人々は近寄り、イエスを試そうとして、「何か理由があれば、夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか」と言った。イエスはお答えになった。 「あなたたちは読んだことがないのか。創造主は初めから日とを男と女にお造りになった。」そして、こうも言われた。「それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。 だから、二人はもはや別々ではなく、一体である。したがって、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。」すると、彼らはイエスに言った。「では、なぜモーセは、離縁状を渡して 離縁するように命じたのですか。」イエスは言われた。「あなたたちの心が頑固なので、モーセは妻を離縁することを許したのであって、初めはそうだったわけではない。行っておくが、不法な結婚でもないのに 妻を離縁して、他の女を妻にする者は、姦通の罪を犯すことになる。」弟子たちは、「夫婦の間柄がそんなものなら、妻を迎えない方がまだましです。」と言った。イエスは言われた。「だれもがこの言葉を 受け入れるのではなく、恵まれた者だけである。結婚できないように生まれついた者、人から結婚できないようにされた者もいるが、天の国のために結婚しない者もいる。これを受け入れることの出来る人は受け入れなさい。」