空白空白
≪≪HOME
    ≪≪検索

年間第14水曜日

マタイによる福音(マタイ10・1-7)

そのとき、イエスは12人の弟子をよびよせ、汚れた霊に対する権能をお授けになった。汚れた霊を追い出し、あらゆる病気や患いをいやすためであった。
12使徒の名は次の通りである。

まず、ペトロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレ、

ペトロアンデレ


ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ、

ヤコブヨハネ


フィリポとバルトロマイ、

フィリポバルトロマイ


トマスと徴税人のマタイ、

フトマスマタイ


アルファイの子ヤコブとタダイ、

ヤコブタダイ


熱心党のシモン、

シモン


それにイエスを裏切ったイスカリオテのユダである。

ユダ


イエスはこの12人を派遣するにあたり、次のように命じられた。「異邦人の道に行ってはならない。また、サマリア人の町に入ってはならない。むしろ、イスラエルの家の失われた羊 のところへ行きなさい。行って、『天の国は近づいた』と宣べ伝えなさい。」