名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

主の公現後の水曜日

マルコによる福音(マルコ6・45-52)
  五千人に食べ物をお与えになった後、イエスは弟子たちを強いて舟に乗せ、向こう岸のベトサイダへ先に行かせ、その間に御自分は群衆を解散させられた。夕方になると、船は湖の真ん中に出ていたが、イエスだけは陸地におられた。 逆風のために弟子たちが漕ぎ悩んでいるのを見て、夜が明けるころ、湖の上を歩いて弟子たちのところに行き、そばを通り過ぎようとされた。弟子たちは、イエスが湖上を歩いておられるのを見て、幽霊だと思い、大声で叫んだ。 皆はイエスを見ておびえたのである。しかし、イエスはすぐ彼らと話し始めて、「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」と言われた。イエスが船に乗り込まれると、風は静まり、弟子たちは心の中で非常に驚いた。パンの出来事を理解せず、心が鈍くなっていたからである。

空白
主の公現の水曜日
空白