名古屋教区典礼委員会
空白空白
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

三位一体の主日

マタイによる福音(マタイ3・16-18)

  神はその独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためでではなく、御子によって世が救われるためである。 御子を信じる者は裁かれない。信じない者は既に裁かれている。神の独り子の名を信じていないからである。

空白