≪≪HOME
    ≪≪典礼の風TOP
空白

こんなにたくさんある「奉献文」

  みなさんご存知の、赤い表紙のついた分厚い「ミサ典礼書」には、四つの奉献文がおさめられています。主日のミサでは、第2と第3奉献文がよく使われるのですが、救いの歴史をたどる第4奉献文は特に味わい深いものです。
  分冊になりますが、「ゆるしの奉献文」には二つの奉献文があります。ゆるしの奉献文一では、「父に帰る」というサブタイトルがついており、回心の心を表現するのに最適です。
  ゆるしの奉献文二には、「人類の和解」というサブタイトルがついており、人類の平和を祈るミサに適しているでしょう。
  「種々の機会の奉献文」という分冊には、4つの奉献文が収録されています。それぞれ「一致に向かう教会」、「教会を導いてくださる神」、「父への道であるイエス」、「貧しい人の友、イエス」というサブタイトルがついているので、 「緒言」に例示されているように、いろいろな機会のミサで使うことができます。これらも主任司祭と相談しながら活かしてください。

         カトリック横浜教区典礼委員会発行「典礼の風No.1」より
空白
●ご参考に●(名古屋教区典礼委員会)

クリックしてください。↓

※第4奉献文
※ゆるしの奉献文1「父に帰る」
※ゆるしの奉献文2「人類の和解」
※種々の機会のミサの奉献文1「一致に向かう教会」
※種々の機会のミサの奉献文2「教会を導いてくださる神」
※種々の機会のミサの奉献文3「父への道であるイエス」
※種々の機会のミサの奉献文4「貧しい人の友、イエス」
空白
第4奉献文
    第4奉献文の叙唱は固有のものなので、他の叙唱をつかうことはできない。

(叙唱)
聖なる父、全能、永遠の神、
あなたの偉大な業をたたえ、いつも感謝をささげます。
あなたは唯一のまことの神、
初めもなく終わりもなくすべて超えて光り輝くかた。
あふれる愛、いのちの泉、万能の造り主。
造られたものは祝福され、光を受けて喜びに満たされます。
数知れない天使は昼も夜もあなたに仕え、
わたしたちはこれに声を合わせ、
すべての作られたものもともに、あなたをたたえて歌います。

(感謝の賛歌)

聖なる父よ
わたしたちはあなたをたたえます。
あなたは偉大なかた、英知と愛によってすべての業を行われました。
ご自分にかたどって、人を造り、
造り主であるあなたに仕え、
造られたものをすべて支配するよう、
全世界を人の手におゆだねになりました。
人があなたにそむいて親しい交わりを失ってからも、
死の国に見捨てることなく、
すべての人があなたを求めて見いだすことができるように、
いつくしみの手をさしのべられました。
また、たびたび人と契約を結び、
預言者を通して、
救いを待ち望むように励ましてくださいました。
時が満ちて、
あなたはひとり子をわたしたちに救い主としてお遣わしになりました。

聖なる父よ
あなたはこれほど世を愛してくださったのです。
御ひとり子は聖霊によって人となり、
おとめマリアから生まれ、
罪のほかは、すべてにおいてわたしたちと同じように生活し、
悲しむ人には喜び、
とらわれ人には自由、
貧しい人には救いの福音を告げ、
あなたの計画を実現するために死に身をゆだね、
死者のうちから復活して死を滅ぼし、
いのちを新しくしてくださいました。
わたしたちのために死んで復活されたキリストに生きるために、

父よ、
子は信じる者に最初のたまものとしてあなたのもとから聖霊を遣わし、
聖霊は、世にあってその業を全うし、
すべてをとうといものになさいます。

父よ、
聖霊がこのささげものをとうとういものにしてくださいますように。
キリストが永遠の契約としてわたしたちの残されたこの偉大な神秘を祝うために、
主イエス・キリストの御からだと御血になりますように。

聖なる父よ
世にいる弟子を愛しておられたイエスは、
あなたから栄光を受けるときが来たことを知り、
彼らを限りなくお愛しになり、食事をともにする間に
パンを取り、賛美をささげ、
割って弟子に与えて仰せになりました。

「皆、これを取って食べなさい。
これはあなたがたのために渡される、わたしのからだ(である)。」

同じようにぶどう酒の満ちた杯を取り、感謝をささげ、
弟子に与えて仰せになりました。

「皆、これをとって飲みなさい。
これはわたしの血の杯、
あなたがたと多くの人のために流されて、
罪のゆるしとなる新しい永遠の契約(である)。
これをわたしの記念として行いなさい。」

(記念唱)
信仰の神秘。
主の死を思い、復活をたたえよう、主が来られるまで。

聖なる父よ、
わたしたちいまここにあがないの記念をともに行って、
キリストの死と、死者のもとにお下りになったことを思い起こし、
その復活とあなたの右に上げられたことを宣言し、栄光のうちに来られることを待ち望んで、
あなたに受け入れられ、
全世界の救いとなるこのいけにえ、御からだと御血をあなたにささげます。
あなたが教会にお与えになったいけにえを顧み、
この一つのパンと杯を分かち合うすべての人を、
聖霊によって一つのからだに集めてください。
キリストのうちにあって、あなたの栄光をたたえるためのまことのささげものとなりますように。

父よ、すべての人を心に留めてください。
その人々のためにわたしたちはこの供えものをささげます。
わたしたちの教父○○○○、わたしたちの司教○○○○、全司教団、すべての教役者、奉納者、参列者、あなたのすべての民と、あなたを求めるすべての人、また、キリストの平和のうちに亡くなった人々、あなただけがその信仰を知っておられすべての死者を心に留めてください。
いつくしみ深い父よ、
あなたの子であるわたしたちすべてが、神の母おとめマリアと聖ヨセフ、使徒と聖人とともに、
あなたの国で約束されたいのちにあずかることができますように。
その国で、罪と死の腐敗から解放された宇宙万物とともに、主・キリストを通して、あなたはすべてのよいものを世にお与えになります。
空白
●ご参考に●に戻る
空白
ゆるしの奉献文一  「父に帰る」

(叙唱)
いつくしみ深い父よ、心をこめて感謝の祈りをささげます。
(または、「いつくしみ深い父よ、わたしたちは心からの感謝の祈りを受け入れてください」)

あなたはいつくしみとまことに満ちた方、
わたしたちがあなたに背いたとき、
いつも回心を呼びかけ、ゆるしのみ手を差し伸べてくださいます。

わたしたちはその声に耳をかさず、
あなたの導きに従いませんでした。
それでも、あなたはわたしたちを死のやみに見捨てることなく、
罪をゆるし、
人類が新しいきずなで結ばれて、一つの家族となるように、
御子イエスを十字架上の死に渡されました。

きょう(または 今)はまことにゆるしの時、
恵みの日。
わたしたちはあなたのもとに立ち帰り、
すべての人に使えるよう招かれています。

恵みと喜びを注がれたわたしたちは、
神の栄光をたたえる天使の群れと声を合わせ、
感謝の賛歌を歌います。


(感謝の賛歌)

聖なる神よ、
あなたは天地万物を造り、
また、人をご自分の似姿として、
聖なる者となるようお造りになりました。

きょう、み前に集うわたしたちを顧み、聖霊の力を注いでください。
このささげものが、
わたしたちのために、御子イエス・キリストの
御からだと御血になりますように。

罪によって神から離れ、
死ぬべき定めにあるわたしたちのために、
あなたは限りない愛を示してくださいました。

主イエスは、天と地を結ぶ十字架上で手を広げ、
あなたの契約を成就されました。

その前の晩、
主イエスは弟子たちと過越を祝い、
食事をともにし、
パンを取り、
賛美をささげ、割って、
弟子に与えて仰せになりました。

「皆、これを取って食べなさい。
これはあなたがたのために渡されるわたしのからだ(である)。」

食事の終わりに、
ご自分の血によって万物が神に再び結ばれるよう、
同じように杯を取り、
感謝の祈りをささげ、
友に与えて仰せになりました。

「皆、これを受けて飲みなさい。
これはわたしの血の杯。
あなたがたと多くの人のために流されて
罪のゆるしとなる新しい永遠の契約の血(である)。
これをわたしの記念として行ないなさい。」


(記念唱)
信仰の神秘。
主の死を思い、復活をたたえよう、主が来られるまで。(または、「主の死をあおぎ、復活をたたえ、告げ知らせよう、主が来られるまで。」)

恵みあふれる父よ、
わたしたちは今、まことのいのちへの道、
ゆるぎない平和であるイエス・キリストを思い起こし、
ここに死と復活の記念を行い、
再臨の日を待ち望みながら、
恵みの源となるこの供えものをささげます。
み前に集められたわたしたちを顧み、
キリストの十字架上の奉献にあずからせてください。
聖霊の力によって、
一つのキリストのからだに結ばれますように。

教皇○○○○、司教○○○○とともに
わたしたちの心と思いを一つにしてください。
神の国の完成に向かってともに歩み、
おとめマリアと聖ヨセフ、使徒をはじめ、
亡くなったわたしたちの兄弟とともに
み顔の輝きを仰ぎ見ることができますように。

万物が新たにされる時を待ち望みながら、
救い主キリストの感謝の歌に
わたしたちも声を合わせ、
あなたのいつくしみをほめたたえます。
空白
●ご参考に●に戻る
空白
ゆるしの奉献文二  「人類の和解」

(叙唱)
父なる神よ、
わたしたちの主イエス・キリストによって、
この世界でなしとげられた愛のみわざに感謝し、
あなたをほめたたえます。

分裂と不和に苦しむ人類に、
いつくしみ深いあなたは
一致への道を備えてくださいました。
聖なる息吹を人々に注ぎ、
敵対する人が対話に向かい、
対立する人が互いに手を取り合い、
平和のうちに歩むよう導いてくださいます。
ゆるす心を与えられたわたしたちは、
今、世界の平和を求める人々とともに、天使の声に合わせ、
あなたの偉大なわざをたたえて歌います。


(感謝の賛歌)

聖なる神よ、
あなたは和解の恵みを与えるため、
救い主を遣わしてくださいました。
キリストこそ救いのみことば、
罪びとに差し伸べられる手、
まことの一致への道です。
あなたから遠く離れていたわたしたちが、
キリストによって、あなたのもとに立ち帰り、
互いに愛し合うよう、
御子イエスを十字架上の死に渡されました。
この和解の神秘を喜び祝い、あなたに祈ります。

キリストのことばに従ってささげるこの供えものを、
聖霊によって聖なるものとしてください。

世の救いのため、
御子はいのちをささげる時が来たことを知り、
食事の間にパンを取り、
賛美と感謝をささげてこれを割き、

「皆、これを取って食べなさい。
これはあなたがたのために渡されるわたしのからだ(である)。」

同じように、その夜、
杯を取り、あなたのいつくしみをたたえ、
弟子に与えて仰せになりました。

「皆、これを受けて飲みなさい。
これはわたしの血の杯。
あなたがたと多くの人のために流されて、
罪のゆるしとなる新しい永遠の契約の血(である)。
これをわたしの記念として行ないなさい。」


(記念唱)
信仰の神秘。
主の死を思い、復活をたたえよう、主が来られるまで。(または、「主の死をあおぎ、復活をたたえ、告げ知らせよう、主が来られるまで。」)

いつくしみ深い父よ、 御子はこの愛のしるしを教会に残されました。
今、わたしたちは、主・キリストの死と復活の記念を行い、
和解をもたらす、まことの供えものをささげます。
聖なる神よ、
御子とともに、わたしたちを受け入れてください。
この食卓にあずかるわたしたちに
聖霊を注ぎ、分裂の痛みをいやしてください。

わたしたちを、教皇○○○○、
司教○○○○(姓名)、(補佐司教の姓名を加えることができる)
司教団、そして、あなたの民の交わりの中に保ってください。
また、教会を全人類の一致のしるし、
平和の道具として、光り輝くものにしてください。
御子の食卓にわたしたちを集めてくださったように、
神の母おとめマリアと聖ヨセフ、すべての聖人とともに、
あらゆる民族、言語の人々を、み国の祝宴に招いてください。
ともに一つに結ばれて、
あなたをほめたたえることができますように。

空白
●ご参考に●に戻る
空白
種々の機会のミサの奉献文一(試用版)  「一致に向かう教会」

(叙唱)
恵み豊かな神よ、
あなたの限りない栄光をたたえて賛美の歌を歌い、
感謝の祈りをささげます。

あなたは御子キリストの福音によって、すべての人種、すべての言語の民を、
一つの教会に呼び集めてくださいました。
聖霊によって生きる教会をとおして、
あなたはすべての人を一致に導いてくださいます。

こうして教会はあなたの愛を現し、
神の国の希望を与えるよう召されています。

すべての天使、聖人とともに、わたしたちもあなたの栄光をたたえ、
全世界の教会とともに声を合わせて、賛美の歌を歌います。


(感謝の賛歌)

まことに聖なる父よ、
あなたはわたしたちを愛し、人生の旅路をともにしてくださいます。
御子キリストも聖なる方。
キリストの名によって集まったわたしたちの中に主はともにいて、
かつて弟子たちになさったように
聖書をひもといて教え、パンを裂いてくださいます。

いつくしみ深い父よ、このパンとぶどう酒の上に、
今、聖霊を注ぎ、聖なるものとしてください。

わたしたちのために主イエス・キリストの御からだと御血になりますように。

主イエスはすべての人の救いのために受難に向かわれた夜、
弟子たちと最後の食事をともにし、

パンを取り、
賛美の祈りをささげ、割って弟子たちに与えて仰せになりました。

「皆、これを取ってたべなさい。
これはあなたがたのために渡される
わたしのからだ(である)。」

食事の終わりに、
同じように杯を取り、
感謝の祈りをささげ、弟子に与えて仰せになりました。

「皆、これを受けて飲みなさい。
これは私の血の杯、
あなたがたと多くの人のために流されて
罪のゆるしとなる、新しい永遠の契約の血(である)。
これをわたしの記念として行いなさい。」


(記念唱)
信仰の神秘。
主の死を思い、復活をたたえよう、主が来られるまで。(または、「主の死を思い、復活をたたえ、告げ知らせよう、主が来られるまで。」)

聖なる父よ、
わたしたちを救ってくださった御子イエスの記念をここに行います。
あなたはイエスの十字架によって死のやみを打ち砕き、
復活の栄光に輝く主キリストとしてくださいました。
主が再び来られる日まで、あなたの偉大な愛のわざを告げ知らせ、
ここにいのちのパンと、祝福の杯をささげます。

キリストこそ神の小羊、過越のいけにえ、
教会のこのささげものを、いつくしみ深く受け入れてください。
キリストの御からだと御血にあずかるわたしたちが、
聖霊の愛のうちにキリストのからだとなり、永遠にキリストに結ばれますように。

いつくしみ深い神よ、
○○にある
(教区、小教区、地区の名を使うことができる)
あなたの教会を福音の光によって新たにしてください。
教皇○○○○、司教○○○○、
また全司教団とともに、
信徒と牧者の一致のきずなを強めてください。
あなたの民がどこにいても、すべての人とともに協力して生き、
分裂や差別に打ち勝つ力となりますように。

聖なる父よ、
キリストの平和のうちにこの世を去ったわたしたちの兄弟(姉妹)、
また、あなただけがその信仰を知っておられるすべての死者を、
あなたのあわれみにゆだねます。
み顔の輝きを彼らの上に照らし、
復活のいのちの喜びにあずからせてください。
また人生の旅路が終わるときも、
わたしたちを永遠の住まいに迎え入れてください。
いつもあなたとともに生き、
聖母マリアと聖ヨセフ、使徒、すべての殉教者、
また、すべての聖人とともに、

主イエス・キリストをとおしてあなたをたたえ、
賛美をささげることができますように。
空白
●ご参考に●に戻る
空白
種々の機会のミサの奉献文ニ(試用版)  「教会を導いてくださる神」

(叙唱)
聖なる父、万物の造り主、いのちの源である神よ、
わたしたちをいのりの舞台に呼び出してくださったあなたのわざをたたえ、
感謝の祈りをささげます。

あなたは人生の旅路を歩むわたしたちを顧み、
いつもともいにて、支えてくださいます。
かつては力強いみ手をもってイスラエルの民を救い出し、
荒れ野を歩む民を導いてくださいました。
今は、旅する教会を聖霊によって力づけ、
神の国の永遠の喜びに至る道を進ませてくださいます。

あなたのいつくしみをたたえるすべての天使、聖人とともに、
わたしたちも感謝の賛歌をささげます。


(感謝の賛歌)

まことに聖なる父よ、
あなたはわたしたちを愛し、人生の旅路をともにしてくださいます。
御子キリストも聖なる方。
キリストの名によって集まったわたしたちの中に主はともにいて、
かつて弟子たちになさったように
聖書をひもといて教え、パンを裂いてくださいます。

いつくしみ深い父よ、このパンとぶどう酒の上に、
今、聖霊を注ぎ、聖なるものとしてください。

わたしたちのために主イエス・キリストの御からだと+御血になりますように。

主イエスはすべての人の救いのために受難に向かわれた夜、
弟子たちと最後の食事をともにし、

パンを取り、
賛美の祈りをささげ、割って弟子たちに与えて仰せになりました。

「皆、これを取ってたべなさい。
これはあなたがたのために渡される
わたしのからだ(である)。」

食事の終わりに、
同じように杯を取り、
感謝の祈りをささげ、弟子に与えて仰せになりました。

「皆、これを受けて飲みなさい。
これは私の血の杯、
あなたがたと多くの人のために流されて
罪のゆるしとなる、新しい永遠の契約の血(である)。
これをわたしの記念として行いなさい。」


(記念唱)
信仰の神秘。
主の死を思い、復活をたたえよう、主が来られるまで。
(または、「主の死を思い、復活をたたえ、告げ知らせよう、主が来られるまで。」)

聖なる父よ、
わたしたちを救ってくださった御子イエスの記念をここに行います。
あなたはイエスの十字架によって死のやみを打ち砕き、
復活の栄光に輝く主キリストとしてくださいました。
主が再び来られる日まで、あなたの偉大な愛のわざを告げ知らせ、
ここにいのちのパンと、祝福の杯をささげます。

キリストこそ神の小羊、過越のいけにえ、
教会のこのささげものを、いつくしみ深く受け入れてください。
キリストの御からだと御血にあずかるわたしたちが、
聖霊の愛のうちにキリストのからだとなり、永遠にキリストに結ばれますように。

いつくしみ深い神よ、
主の晩さんにあずかるわたしたちの信仰を強めてください。
教皇○○○○、司教○○○○、
教会のすべての奉仕者、
また、信じるすべての人とともにあなたの導きにしたがって歩み、
神を求める人々の助けとなることができますように。

聖なる父よ、
キリストの平和のうちにこの世を去ったわたしたちの兄弟(姉妹)、
また、あなただけがその信仰を知っておられるすべての死者を、
あなたのあわれみにゆだねます。
み顔の輝きを彼らの上に照らし、
復活のいのちの喜びにあずからせてください。
また人生の旅路が終わるときも、
わたしたちを永遠の住まいに迎え入れてください。
いつもあなたとともに生き、
聖母マリアと聖ヨセフ、使徒、すべての殉教者、
また、すべての聖人とともに、

主イエス・キリストをとおしてあなたをたたえ、
賛美をささげることができますように。
空白
●ご参考に●に戻る
空白
種々の機会のミサの奉献文三(試用版)  「父への道であるイエス」

(叙唱)
天地の主である神よ、
イエス・キリストによってあなたをたたえ、感謝の祈りをささげます

みことばである御子によってあなたは世界を造り、
万物を導いてくださいます。
キリストは人となられた神のひとり子、唯一の仲介者、
神の国の福音をのべ伝える救い主。
キリストこそ、道、真理、いのち、
十字架によってわたしたちを解放し、聖霊を注いでくださる方です。

このキリストによって、あなたはすべての人を神の子どもとし、
一つの家族に集めてくださいます。

限りない栄光をたたえる天使の群れとともに、
わたしたちもあなたのいつくしみを喜び歌います。


(感謝の賛歌)

まことに聖なる父よ、
あなたはわたしたちを愛し、人生の旅路をともにしてくださいます。
御子キリストも聖なる方。
キリストの名によって集まったわたしたちの中に主はともにいて、
かつて弟子たちになさったように
聖書をひもといて教え、パンを裂いてくださいます。

いつくしみ深い父よ、このパンとぶどう酒の上に、
今、聖霊を注ぎ、聖なるものとしてください。

わたしたちのために主イエス・キリストの御からだと+御血になりますように。

主イエスはすべての人の救いのために受難に向かわれた夜、
弟子たちと最後の食事をともにし、

パンを取り、
賛美の祈りをささげ、割って弟子たちに与えて仰せになりました。

「皆、これを取ってたべなさい。
これはあなたがたのために渡される
わたしのからだ(である)。」

食事の終わりに、
同じように杯を取り、
感謝の祈りをささげ、弟子に与えて仰せになりました。

「皆、これを受けて飲みなさい。
これは私の血の杯、
あなたがたと多くの人のために流されて
罪のゆるしとなる、新しい永遠の契約の血(である)。
これをわたしの記念として行いなさい。」


(記念唱)
信仰の神秘。
主の死を思い、復活をたたえよう、主が来られるまで。
(または、「主の死を思い、復活をたたえ、告げ知らせよう、主が来られるまで。」)

聖なる父よ、
わたしたちを救ってくださった御子イエスの記念をここに行います。
あなたはイエスの十字架によって死のやみを打ち砕き、
復活の栄光に輝く主キリストとしてくださいました。
主が再び来られる日まで、あなたの偉大な愛のわざを告げ知らせ、
ここにいのちのパンと、祝福の杯をささげます。

キリストこそ神の小羊、過越のいけにえ、
教会のこのささげものを、いつくしみ深く受け入れてください。
キリストの御からだと御血にあずかるわたしたちが、
聖霊の愛のうちにキリストのからだとなり、永遠にキリストに結ばれますように。

いつくしみ深い神よ、
主の晩さんにあずかるわたしたちの信仰を強めてください。
教皇○○○○、司教○○○○、
教会のすべての奉仕者、
また、信じるすべての人とともにあなたの導きにしたがって歩み、
神を求める人々の助けとなることができますように。

聖なる父よ、
キリストの平和のうちにこの世を去ったわたしたちの兄弟(姉妹)、
また、あなただけがその信仰を知っておられるすべての死者を、
あなたのあわれみにゆだねます。
み顔の輝きを彼らの上に照らし、
復活のいのちの喜びにあずからせてください。
また人生の旅路が終わるときも、
わたしたちを永遠の住まいに迎え入れてください。
いつもあなたとともに生き、
聖母マリアと聖ヨセフ、使徒、すべての殉教者、
また、すべての聖人とともに、

主イエス・キリストをとおしてあなたをたたえ、
賛美をささげることができますように。
空白
空白
●ご参考に●に戻る
空白
種々の機会のミサの奉献文四(試用版)  「貧しい人の友、イエス」

(叙唱)
いつくしみ深い父である神よ、
あなたの愛は限りなく、変わることがありません。
御子イエス・キリストを救い主として与えてくださったことを感謝いたします。

キリストは、貧しい人や病気の人、罪びとや差別された人を思いやり、
重荷にあえぐ人、希望を失った人となってくださいました。

また、その生涯と教えによって、
あなたが小さな者を心にかけてくださる方、
父のいつくしみと、
母のやさしさに満ちた神であることを示してくださいました。

あなたのいつくしみをたえずたたえるすべての天使と、聖人とともに、
わたしたちも賛美の歌を歌います。


(感謝の賛歌)

まことに聖なる父よ、
あなたはわたしたちを愛し、人生の旅路をともにしてくださいます。
御子キリストも聖なる方。
キリストの名によって集まったわたしたちの中に主はともにいて、
かつて弟子たちになさったように
聖書をひもといて教え、パンを裂いてくださいます。

いつくしみ深い父よ、このパンとぶどう酒の上に、
今、聖霊を注ぎ、聖なるものとしてください。

わたしたちのために主イエス・キリストの御からだと御血になりますように。

主イエスはすべての人の救いのために受難に向かわれた夜、
弟子たちと最後の食事をともにし、

パンを取り、
賛美の祈りをささげ、割って弟子たちに与えて仰せになりました。

「皆、これを取ってたべなさい。
これはあなたがたのために渡される
わたしのからだ(である)。」

食事の終わりに、
同じように杯を取り、
感謝の祈りをささげ、弟子に与えて仰せになりました。

「皆、これを受けて飲みなさい。
これは私の血の杯、
あなたがたと多くの人のために流されて
罪のゆるしとなる、新しい永遠の契約の血(である)。
これをわたしの記念として行いなさい。」


(記念唱)
信仰の神秘。
主の死を思い、復活をたたえよう、主が来られるまで。(または、「主の死を思い、復活をたたえ、告げ知らせよう、主が来られるまで。」)

聖なる父よ、
わたしたちを救ってくださった御子イエスの記念をここに行います。
あなたはイエスの十字架によって死のやみを打ち砕き、
復活の栄光に輝く主キリストとしてくださいました。
主が再び来られる日まで、あなたの偉大な愛のわざを告げ知らせ、
ここにいのちのパンと、祝福の杯をささげます。

キリストこそ神の小羊、過越のいけにえ、
教会のこのささげものを、いつくしみ深く受け入れてください。
キリストの御からだと御血にあずかるわたしたちが、
聖霊の愛のうちにキリストのからだとなり、永遠にキリストに結ばれますように。

いつくしみ深い神よ、
教皇○○○○、司教○○○○、
一つに結んでください。

まわりの人々に目を開かせてください。
わたしたちのことばと行いが、
助けを求める人には慰めを、
重荷を負う人には力と支えを与えるものになりますように。

こうしてわたしたちが、
貧しい人の友となられたキリストにならって、いつも仕える者となり、
新しい希望のよりどころとなりますように。
わたしたちを永遠の住まいに迎え入れてください。
いつもあなたとともに生き、
聖母マリアと聖ヨセフ、使徒、すべての殉教者、
また、すべての聖人とともに、

主イエス・キリストをとおしてあなたをたたえ、
賛美をささげることができますように。

聖なる父よ、
キリストの平和のうちにこの世を去ったわたしたちの兄弟(姉妹)、
また、あなただけがその信仰を知っておられるすべての死者を、
あなたのあわれみにゆだねます。
み顔の輝きを彼らの上に照らし、
復活のいのちの喜びにあずからせてください。
また人生の旅路が終わるときも、
わたしたちを永遠の住まいに迎え入れてください。
いつもあなたとともに生き、
聖母マリアと聖ヨセフ、使徒、すべての殉教者、
また、すべての聖人とともに、

主イエス・キリストをとおしてあなたをたたえ、
賛美をささげることができますように。
空白
空白
●ご参考に●に戻る
空白