8月

1日 聖アルフォンソ(リゴリ)司教教会博士 1696年、ナポリに生まれる。教会法と市民法の博士となった後、司祭になり、レデンプトール会を創立。 民衆のキリスト教的生活を育てるため説教に力を注ぎ書物を執筆した。 解くに倫理神学についての著作は優れており、倫理神学の大家とされている。 サンタ・ディ・ゴーティの司教に選ばれたが間もなく司教職を辞し、1787年、中部イタリアのカンパニャ地方バガーニにあるレデンプトール会修道院で死去。(『毎日の読書』より)
2日 聖エウセビオ(ベルチェリ)
司教(任意)
四世紀初めにサルデーニャ島で生まれる。ローマで聖職者となり、345年、ベルチェリの初代の司教に選ばれた。説教によってキリスト教を広め、自分の教区に修道院を設立した。 信仰を弁護したためにコンスタンティウス帝によって追放され、多くの苦しみを耐え忍んだ。また、ベルチェリに戻ってからはアレイオス派に対して正統信仰を守るために熱心に働いた。 371年、同地で死去。
(『毎日の読書』より)
4日 聖ヨハネ・マリア・ビアンネ司祭 1786年、フランスのリヨン近郊に生まれる。多くの困難を乗り越えて司祭となり、ペレ司教区のアルス村の小教区を任され、熱心な説教、苦行、祈り、愛によって、 小教区民を立派に司牧し、信仰面で育てた。また、優れた聴罪司祭として有名になり、全国から信者が彼を訪れ、その指導を受けた。 1859年に死去。(『毎日の読書』より)
5日 聖マリア教会の献堂(任意) イエスの母を「神の母」と呼ぶことが正しいと宣言したエフェソ公会議(431年)の後、シクスト三世教皇によって、ローマのエスクィリーノの他に、神の母聖マリアをたたえる大聖堂が建てられた。 後に「サンタ・マリア・マッジョーレ」と呼ばれるようになった。この聖堂は、マリアにささげられた教会堂としては、西方では最も古いものである。(『毎日の読書』より)
6日 主の変容 この祝日は、東方教会においては五世紀頃から祝われていた。主の変容が受難の40日前に起こったという伝承にもとづいて、9月14日の十字架称賛の祝日の40日前にあたるきょう祝われるようになった。 西方教会に広まったのは、11世紀になってからで、1457年にカリスト三世によってローマ教会歴に加えられた。 主の変容は、受難を通して神の栄光を受けるキリストの姿を表すことによって、キリストが担われる十字架に弟子たちがつまずかないように、彼らの信仰を固くする出来事であった。(『毎日の読書』より)
7日 聖シストに聖教皇と
同志殉教者(任意)
257年にローマ教会の司教に叙階されたシスト二世教皇は、翌年、カリストのカタコンベでミサをささげているときに、バリアヌス帝の禁教令に従って兵士に捕えられ、 ローマ教会の4名の助祭とともに、8月6日にただちに処刑された彼の墓は、そのカタコンベにある。(『毎日の読書』より)
7日 聖カエタノ司祭(任意) 1480年、イタリアのビチェンツァに生まれる。バドバで法律を学んだ後、司祭に叙階され、使徒的な活動に従事するために、 ローマで律修聖職者(テアティノ会)を創立し、ベネチアとナポリの地方でそれを広めた。また、祈りと隣人愛に熱心い尽くした。 1547年にナポリで死去。(『毎日の読書』より)
8日 聖ドミニコ司祭 1170年頃、スペインのカレルエガに生まれる。バレンシアで神学を学び、オスマの教会参事会員となった。 アルビ派の異端に対しては、説教と模範的生活によって対抗し、大きな成果を上げた。 この仕事を続けるために同志を集め、説教者修道会(ドミニコ会)を創立した1221年8月6日にボローニャで死去。
(『毎日の読書』より)
10日 聖ラウレンチオ助祭殉教者 ローマ教会の助祭であったラウレンチオは、バレリアヌス帝の迫害によって258年に殉教した。それは、シスト二世と4人のローマの助祭が殉教して4日後のことであった。 彼の墓は、ティブルティナ街道に近いベラーノ原にあり、コンスタンティヌス帝はその墓の上に教会堂を建てた。ラウレンチオに対する崇敬はすでに四世紀に教会に広まった。(『毎日の読書』より)
11日 聖クララおとめ 1193年、アシジに生まれる。同郷のフランシスコに従って、清貧の生活を送り、女子修道会(クララ会)を創立した。 愛といつくしみの業に輝く厳しい生活を送った1253年に死去。(『毎日の読書』より)
12日 聖ヨハンナ・フランシスカ・ド・シャンタル修道女(任意) 1572年、フランスのディジョンに生まれる。シャタル男爵と結婚して6人の子を産み、敬虔な母として育てた。夫の死後、聖フランシスコ・サレジオの指導で 完徳の道をひたむきに歩み、特に貧しい者、病気の人を助けた。また、聖母訪問会を創立し、長上として賢明に指導した。1641年死去。(『毎日の読書』より)
13日 聖ボンチアノ教皇 
聖ヒッポリト司祭殉教者
(任意)
ボンチアノは、231年に叙階されたが、235年にマクシミヌス帝によって司祭ヒッポリトとともにサルデーミャ島に追放された。 彼は同地で教皇位を辞し、亡くなった。遺体はカリスとのカタコンベに埋葬され、ヒッポリトはティブルティナ街道沿いの墓地に葬られた。 両殉教者はすでに四世紀の初めから、ローマ教会で崇敬されていた。(『毎日の読書』より)
14日 聖マキシミリアノ・マリア・コルベ司祭殉教者 1894年にポーランドで生まれる。若くしてコンベンツァル聖フランシスコ修道会に入り、、1918年にローマで司祭に叙階された。 神の母マリアに対する子の愛に燃え「無原罪のマリアの騎士会」と呼ばれる信心会を作り、ポーランドをはじめ他の国々にも広めた。 宣教師として日本を訪れ、無原罪のマリアの保護のもとに、キリスト教信仰を宣べ伝えることに努めた。 その後ポーランドに戻り、クラクフ地方のオシエンチム(アウシュビッツ)の強制収容所に入れられて多くの艱難を耐え忍んだ。 第二次世界大戦のさなかに、死刑を言い渡された同僚の身代わりとなることを願い出て、1941年8月14日、愛の殉教者として、休むことを知らない生涯を全うした。(『毎日の読書』より)
15日 聖母の被昇天 五世紀のエルサレムで8月15日に祝われていた神の母マリアの記念は、六世紀には、マリアの死去の日として東方教会で祝われるようになった。 七世紀半ばに西方教会にも受け継がれ、マリアの被昇天の名で知られるようになったのは八世紀になってからである。1950年にピオ12世教皇は、マリアが霊肉ともに 上げられたことを協議として宣言した。教会はキリストと最も深く結ばれていたマリアが、真っ先にキリストの復活と栄光にあずかっていることを祝っている。
(『毎日の読書』より)
16日 聖ステファノ(ハンガリー)(任意) 969年頃、ハンガリーに生まれ、洗礼を受け、1000年にハンガリー国王となった。正義と穏健といつくしみを持って国を治め、教会法を正しく守り、国民の幸せのために努めた。 多数の司教座と設立し、教会の活動を大いに助けた。1038年、セーケシュフェヘールパールで死去。(『毎日の読書』より)
19日 聖ヨハネ・ジュード司祭
(任意)
1601年、フランスのセズ司教区内で生まれる。司祭に叙階され、しばらくはいくつかの小教区で説教活動に専念。やがて、神学校で優れた司教を養成するための男子修道会を設立し、 さらに、道徳的な危険にさらされている女性を救い、キリスト教的に教育するための女子修道会を創立した。 また、イエスとマリアのみ心に対する信心を広めた1680年に死去。(『毎日の読書』より)
20日 聖ベルナルド修道院長
教会博士
1090年にフランスのディジョン近郊で生まれる。信仰あつく教育され、1111年にシトー会に入会した。間もなくクレルボーの修道院長に選ばれ、指導と模範によって 修道士たちを完徳に進ませた。教会の分裂が生じると、平和と一致を回復するためにヨーロッパを巡り歩いて努力した。 神学と霊的生活に関する多くの著作を残し、1153年に死去。(『毎日の読書』より)
21日 聖ピオ十世教皇 1853年、ベネチア地方のリエーゼ村で生まれる。司祭に叙階されて、司祭職に励んだ。マントバの司教、さらにベネチアの大司教を歴任した後、1903年に教皇に選ばれた。 「キリストにおいてすべてを刷新する」というモットーを選び、貧しい生活を送りながら、素直で剛毅な精神をもって、信者のキリスト教的な生活を育て、当時生じた誤謬に対して勇敢に戦うことによって、 そのモットーを実行した。1914年8月20日に死去。(『毎日の読書』より)
22日 天の元后聖マリア この祝日は、1954年にピオ12世によって発表された回勅によって定められた。マリアは、神の子イエス・キリストの母であり、神の救いの業の協力者となった。 こうして天に上げられたマリアは、王であるキリストの栄光にあずかることによって、すべてのものの女王として高められている。(『毎日の読書』より)
23日 聖ローザ(リマ)おとめ
(任意)
1586年にペルーのリマに生まれる。すでに家庭内で修徳に励んでいたが、ドミニコ第三会に入会してから、特に苦行と観想的祈りに専念し、神秘体験を得た。 1617年8月24日に死去。(『毎日の読書』より)
24日 聖バルトロマイ使徒 ガリラヤのカナで生まれ、使徒フィリポによってイエスのもとに導かれた。キリストの昇天の後、福音をインドに述べ伝え、そこで殉教したと伝えられている。
(『毎日の読書』より)
25日 聖ルイ(任意) 1214年に生まれ、12歳の若さでフランス国王となる。結婚して11人の子をもうけ、自ら子どもたちの教育に励んだ。 特に、苦行と祈り、また貧者への愛に努めた。国を治めるにあたっては、諸国間の平和と自国民の繁栄だけでなく、民の霊的な進歩にも心を配った。 キリストの墓所を取り戻すために十字軍の遠征を行ったが、1270年にカルタゴ近郊で死去。(『毎日の読書』より)
25日 聖ヨセフ・カラサンス司祭
(任意)
1557年、スペインのアラゴニア地方に生まれる。優れた教育を受けてから司祭に叙階され、祖国スペインで司祭職に励んだ。その後、ローマに赴き、 そこで貧しい家庭の子どもたちの教育に力を注ぎ、この仕事を果たすために修道会(エスコラピオス会)を創立した。多くの困難に遭い、彼の成功をねたむ人々からの 中傷を耐え忍び、1648年にローマで死去。(『毎日の読書』より)
27日 聖モニカ 331年、アフリカのタガステでキリスト信者の家庭に生まれる。若くしてパトリキウスに嫁いで子をもうけた。そのうち一人がアウグスチヌスである。 モニカは涙を流して、アウグスチヌスの開始を神に祈った。よき母の模範として、彼女は祈りによって信仰をはぐくみ、徳に満ちた行いを通して信仰を証しした。 387年にスチアで死去。(『毎日の読書』より)
27日 聖アウグズチヌス司教
教会博士
354年、アフリカのタガステに生まれる。若いときに放蕩生活を送り、マニ教に入ったが、ついに回心してカトリック信仰を受け入れ、387年にミラノでアンプロジオ司教から洗礼を授けられた。 祖国に帰った後、修道生活を送り、やがてヒッポの司教に選ばれた。以後34年間、模範的司牧者として説教と多くの著作によって教区民を教え導き、当時の誤謬に対しては勇敢に 争い、深遠な学識をもってキリスト教を解説した。430年に死去。(『毎日の読書』より)
29日 洗礼者聖ヨハネの殉教 洗礼者ヨハネの殉教は、エルサレムではすでに五世紀に記念されていた。サマリアのセバステで、主の先駆者であった彼にささげられた教会堂の記念日がこの日に当たると思われる。 洗礼者ヨハネの殉教の記念は六、七世紀には、「洗礼者聖ヨハネの受難(斬首)」という名称で西方でも東方でも広く祝われていた。 その誕生においても死においてもキリストの先駆けとなった洗礼者ヨハネの生涯を思い起こす記念日である。(『毎日の読書』より)