3月

4日 聖カシミロ(任意) ポーランドの国王の息子として、1458年に生まれる。キリスト者に固有の穂に満ちた生活を送り、特に貞潔を守り貧者を親切に助けた。 信仰に励み、キリストの聖体とマリアに対する信心に努めた。1484年により死去。
(『毎日の読書』より)
7日 聖ベルベトゥア
聖フェリチタス殉教者
二人はセブティミウス・セヴェルスによる迫害のさなかの203年にカルタゴで殉教した。彼女たちの殉教については、詳しい記録が保存されている。 その一部は後に殉教したこの人々自身が書いたものであり、他の部分は同時代の別の人によって書き留められた。(『毎日の読書』より)
8日 聖ヨハネ・ア・デオ司教
(任意)
1495年、ポルトガルに生まれる。危険に満ちた兵役の後、より優れた生き方を望んで、病者への奉仕に身をささげた。 スペインンのグラナダに病院を設立して同志を集め、彼らがヨハネの死後、聖ヨハネ病院修道会を形成した。 ヨハネはとくに貧者と弱者に慈愛を注いだ1550年、グラナダで死去。(『毎日の読書』より)
9日 聖フランシスカ(ローマ)
修道女(任意)
1384年、ローマに生まれる。若くして結婚し、3にんの子どもを産んだ。 当時は困難の多い時代であったが彼女は自分の財産を貧者に分配し、病者を看護した。 貧者を活発に助け、諸徳、特に謙遜と忍耐に秀でていた。 1425年に、聖ベネディクトの修道会則に従う鏡の同の奉献会を創立した。1440年死去。(『毎日の読書』より)
15日 日本の信徒発見の聖母 キリスト教への迫害が少し穏やかになった1865年のこの日、十数名の男女が、建てられて間もない大浦天主堂を訪れ、プチジャン神父に「わたしたちは皆、あなたと同じ心です」とキリスト教の信仰をもっていることを告げた。 彼らは、200年以上にも及ぶキリスト教への厳しい犠牲を、不屈の信仰をもって耐え忍んできた人々の子孫である。(『毎日の読書』より)
17日 聖パトリック司教
(任意)
385年頃、英国に生まれる。若い頃に奴隷として捕えられアイルランドに連れ去られ、羊飼いの仕事をさせられた。 自由の身になると聖職者になり、やがてアイルランドの司教に叙階されて人々に熱心に福音宣教を宣べ伝え、多くの者をキリスト教へ導いた。 またアイルランド教会の組織を作った。461年にダウン市近郊で死去。(『毎日の読書』より)
18日 聖チリロ(エルサレム)司教教会博士(任意) 315年にキリスト者の両親の間に生まれ、348年、マクシモの後任としてエルサレム教会の司教となる。 アレイオス派との論争に参加し、アレイオス派を支持する皇帝によって何度か追放された。 正しい教義、聖書、そして伝統的な信仰について説くその説教は、司牧者としての熱意を物語っている。386年に死去。(『毎日の読書』より)
19日 聖ヨセフ 3月19日にヨセフの記念を行う習慣は、十世紀の西方教会暦に見られる。処女マリアの夫ヨセフは、聖家族の長としてイエスを守る務めをゆだねられていた。 教会は、ナザレの聖家族の保護者であったヨセフを、キリストのからだである教会の保護者として崇敬している。(『毎日の読書』より)
23日 聖トゥビオ(モングロベホ)
司教(任意)
1538年頃、スペインに生まれる。サラマンカで法律学を学び、1580年にリマの司教となり南米に赴いた。 使徒的な熱意に燃え、しばしば教区会議を開くことによって、教区民の信仰生活の刷新をはかった。 教会の権能を擁護し、教区民を頻繁に訪れて人々の世話をし、インディオ達に対しても特別な配慮を示した。1606年死去。(『毎日の読書』より)
25日 神のお告げ 東方教会を起源とするこの祭日は、従来は聖母の祝日とされていたが、ローマ典礼歴の改正の際、キリストが処女マリアの胎内で宿ったという出来事を記念するため、 主キリストの祝祭日として祝われるようになった。きょうは、神の御ひとり子の受肉と、それを知らせる天使の音楽を信仰もって受け入れたマリアの承諾を思い起こす祭日である。(『毎日の読書』より)