2月

2日 主の奉献 イエスが生まれて40日後に、律法に従って両親の手でエルサレムの神殿で神にささげられたことを記念する祝日で、エルサレムでは五世紀に、ローマでは七世紀に祝われるようになった。 十世紀からは西方の典礼書では「マリアの清めの祝日」と呼ばれるようになったが、1960年の典礼刷新で、東方教会の伝統に合わせて再び「主の奉献の祝日」と名付けられた。(『毎日の読書』より)
3日 聖ブラジオ司教殉教者
(任意)
四世紀にアルメニアのセバステの司教。 ブラジオに対する崇敬は中世意向、教会中に広まった。(『毎日の読書』より)
3日 聖アンスガリオ司教
(任意)
九世紀初めにフランスで生まれ、コルビーの修道院で学問を修めた。826年、福音宣教のためにデンマークに向かったものの成果をあげることができなかったが、後にスウェーデンで大きな成功を収めた。 ハンブルクの司教に選ばれてグレゴリオ四世教皇によって承認され、デンマークとスェーデンのキリスト教化を担当する教皇使節に任命された。 福音宣教にあたって多くの困難に遭ったが、強い精神力でそれを克服した。865年に死去。(『毎日の読書』より)
5日 日本26聖人殉教者 日本26聖人の一人、パウロ三木は1564年から1566年の間に生まれた。 イエズス会に入会して福音を宣べ伝え、大きな成功を収めた。 やがてキリスト者に対する迫害が激しくなると、他の25人と共に捕えられ、残酷に扱われて嘲笑を受けた。 そして、ついに長崎に連行され、1597年2月5日、はりつけにされて殉教した。 26名には、20人の日本人のほか、スペイン、メキシコ、インドの出身者がいた。 彼らは1862年6月8日、ピオ九世教皇によって列聖された。なお、この祝日は、ローマ規範版では「聖パウロ三木と同志殉教者」の記念日の名称で、2月6日に祝われている。(『毎日の読書』より)
6日 聖アガタおとめ殉教者 アガタはデキウス帝による迫害(三世紀)のときに、シチリア島のカタニアで殉教したと思われる。 アガタに対する崇敬は、すでに古くから全教会で行われ、その名前はローマ典文(第一奉献文)に加えられた。「アガタ」とは「よいもの」の意味である。(『毎日の読書』より)
8日 聖ヒエロニモ・エミリアニ
(任意)
1486年にベネチアで生まれる。軍人となったが後に兵役を辞し、全財産を貧しい人々に配って彼らを助けるために生涯をささげた。 孤児や貧者を援助するために、貧者のしもべ会(ソマスカ会)を創立した。ベルガモ地方のソマスカで1538年に死去。(『毎日の読書』より)
10日 聖スコラチカおとめ 聖ベネディクトの妹として、480年頃ウンブリア(イタリア中部)のヌルシアで生まれる。 兄と共に神に身をささげ、。モンテ・カシノに赴き、547年に死去。(『毎日の読書』より)
11日 ルルドの聖母(任意) 1858年3月11日に、フランスのルルド近郊のマッサピエールの洞窟で、無原罪のマリアがベルナデッタに初めて現れた。 ベルナデッタへの一連のマリア出現は、教会当局によって神聖なものとして承認され、ルルドが国際てきな巡礼地となった。(『毎日の読書』より)
14日 聖チリロ隠世修道者
聖メトジオ司教
二人はテサロニケに生まれ、チリロはコンスタンチノープルですぐれた教育を受け、兄メトジオと共に宣教のためにモラビアに赴いた。 二人は、後に「キリール文字」と呼ばれるようになった文字で、スラブ語の典礼書を作成した。 やがてローマに呼ばれ、チリロは869年2月14日に同地で亡くなった。一方メトジオは司教に叙階されてから、バンノニア(現在のハンガリー)に行き、福音宣教に献身。 多くの反対があったが、ローマ教皇に助けられた。ヴェレラド(現在のチェコ)で885年4月6日に死去。(『毎日の読書』より)
17日 聖母のしもべ会七聖人
(任意)
七聖人はフィレンツェで生まれた。初めセナリオ山で隠遁生活を送り、特に聖母マリアに対する崇敬に努めた。 やがてトスカナ地方全土で宣教し、聖母のしもべ会を創立1304年に使徒座の認証を得た。 七人のうちの一人である聖アレッシオ・ファルコニエーリが1310年のこの日に亡くなったと伝えられているので、七聖人の記念がきょう祝われている。(『毎日の読書』より)
21日 聖ペトロ・ダミアノ司教
教会博士(任意)
1007年、ラヴェンナに生まれる。学問を修めるとしばらくの間教鞭をとったが、すぐにフォンテ・アヴェラーナで隠世修道者となった。 そこで修道院長に選ばれ、修道生活の刷新のために努力し、イタリアの他の地方でも修道生活の改善のために働いた。 当時の困難な時代に、著作と活動で教皇たちを助け、教会の刷新を進めるために教皇使節として務めた。 ステファノ九世によってオスティアの司教枢機卿に任命されたが、1072年に死去し、間もなく聖人として崇敬されるようになった。(『毎日の読書』より)
22日 聖ペトロの使徒座 聖ペトロの使徒座の記念日は、使徒ペトロを礎として建てられた教会の一致のしるしとして、すでに四世紀にローマで祝われていた。(『毎日の読書』より)
23日 聖ポリカルポ司教殉教者 ポリカルポは使徒たちの直弟子であり、スミルナの司教であった。 彼は、殉教の地に向かって旅行を続けたアンチオケのイグナチオを、スミルナで温かく迎えた。 後に、復活祭の日付の問題について教皇アニケトゥスと話し合うためにローマに赴いた。155年頃、スミルナの闘技場で火刑により殉教。(『毎日の読書』より)