10月

1日 聖テレジア(幼いイエスの)
おとめ教会博士
1873年にフランスのアランソンに生まれ、若くしてリジューのカルメル会修道院に入った。 謙遜と福音的な素直さ、そして神に対する絶対の信頼に基づく生活を送り、言葉と模範によって、修練者などに同じ生き方を教えた。 人々の救いと教会の発展のため自分の命をささげ、1897年9月30日に死去。
(『毎日の読書』より)
2日 守護の天使 守護の天使の記念は、16世紀にいくつかの教会で祝われ、ローマ教会歴には1615年に取り入れられた。 いつくしみ深い神が天使をつかわして、わたしたちが神の国に入ることができるよう守ってくださることを思い起こす記念日である。
( 『毎日の読書』より)
4日 聖フランシスコ(アシジ)
修道者
1182年にイタリア中部のアシジに生まれる。青年時代は放蕩生活を送ったが、後に回心して父親から譲り受けた遺産をすべて放棄し、神に固く結ばれることを志した。 貧しさを選んで福音に従って生活し、神への愛をすべての人に説いた。同志のために優れた会則を継い作り、これはやがて教皇によって認可された。 また、女子修道会や在俗信徒のための第三会などを設立し、未信者にも福音を宣べ伝えた。1226年に死去。( 『毎日の読書』より)
6日 聖ブルーノ司祭(任意) 1035年、ケルンに生まれる。パリで教育を受け、司祭に叙階された後は神学を教えた。 しかし、隠遁生活を志、カルトゥジオ修道院を設立した。やがてウルバノ二世教皇によって顧問としてローマに招かれ、その協力者となった。 1101年、カラブリア(イタリア南部)のカタンツァーロ近郊で死去。 ( 『毎日の読書』より)
7日 ロザリオの聖母 この記念日は、1571年のレバントの開戦でキリスト教徒がオスマン・トルコに対して勝利を収めたことを記念して、ピオ五世教皇によって定められた。 この勝利は、ロザリオの祈りによってもたらされた聖母の助けによるものであると信じられていた。きょうの祝日は、神の御子の受肉、受難、復活に 特別に結ばれたマリアに導かれて、キリストの秘儀について黙想するように励ましている。
( 『毎日の読書』より)
9日 聖ディオニジオ司教と
同志殉教者(任意)
ツールの聖グレゴリオによれば、ディオニジオは三世紀の中頃に、ローマからフランスに来た。パリの初代司教になり、パリの近くでなかまの聖職者二人とともに殉教した。( 『毎日の読書』より)
9日 聖ヨハネ・レオネルディ司祭(任意) 1541年、中部イタリアのトスカナ地方のルッカ近郊に生まれる。薬学を学んだが、司祭職への望みを果たすためそれをあきらめた。 説教、特に子どもたちへの要理説教に専念。1574年に神の母の聖職者修道会を創立したが、そのために多くの苦難を耐え忍んだ。 また、信仰を広めるために司祭の会を組織した。それは、やがて教皇たちによって創設されたローマの宣教地司祭養成学院の母体となった。 ヨハネはさらに、愛と賢明さをもって、多くの修道会の刷新のために努力した。1609年、ローマで死去。(『毎日の読書』より)
14日 聖カリスト一世教皇殉教者(任意) カリストは奴隷であったと伝えられている。自由の身になると、ゼフィリノ教皇によって助祭に叙階され、やがてその後継者となった。 キリスト養子説と神の三位を神の三つの存在様式とみなす説(モダリズム)を主張する異端者たちに反対した。 222年に殉教し、アウレリア街道沿いの墓地に埋葬された。
(『毎日の読書』より)
15日 聖テレジア(イエスの)おとめ教会博士 1515年、スペインのアビラに生まれる。カルメル会に入会して優れた完徳の道を歩み、多くの神秘体験を得た。 同会の改革に着手し、多くの苦難を味わったが、不屈の精神でそれを克服した。 水からの霊的体験いもとづく優れた教えを収めた書物を著した。1582年にアルバで死去(『毎日の読書』より)
16日 聖ヘドビッヒ修道女(任意) 1174年頃、バイエルンに生まれる。シレジア侯と結婚し、七人の子どもをもうけた。敬虔な生活を送り、貧者や病者の世話をし、彼らのために病院を設立した。 夫の死後、トレジェビツェの修道院に入り、1243年に同地で死去。
(『毎日の読書』より)
16日 聖マルガリタ・マリア・アラコク
おとめ(任意)
1647年、フランスのオータン教区内に生まれる。バレー・ル・モニアルの訪問会修道院に入り、完徳の道に励み、神秘体験を得、特にイエスのみ心への信心に関する掲示を受け、 その信心を教会に広めるため大いに努めた。1690年10月17日に死去(『毎日の読書』より)
17日 聖イグナチオ(アンチオケ)
司教殉教者
イグナチオはペトロの二代後の司教としてアンチオケの教会を治めた。野獣の餌食となる刑を受けるためにローマに護送され、107年にトラヤヌス帝の治世のもとで殉教した。 ローマへ向かう旅の途中で、各地の教会に七通の手紙を送り、キリスト、教会の構造、キリスト者の生活などについて優れた教えを説いた。 アンチオケではすでに四世紀から、この日を彼の記念日として祝っていた。
(『毎日の読書』より)
19日 聖ヨハネ・ブレブーフ
聖イザーク・ジョーグ司祭
と同志殉教者(任意)
1642年から1648年にかけて、北アメリカにキリスト教を広めることに努めていた8人のイエズス会士が、残酷きわまる拷問の末、ヒューロン族とイロクツ族によって殺害された。 イザーク・ジョーグは1647年10月18にち、ヨハネ・ブレブーフは翌年の3月16日に殉教した。(『毎日の読書』より)
19日 聖パウロ(十字架の)司祭(任意) 1694年、リグリア(イタリア北西部)のオバダに生まれた。青年時代はちhしの商売を助けた。やがて完徳の道に心をひかれるようになり、 すべての持ち物を方浮きして貧者と病者に仕え、仲間を集め、御受難修道会を創立した。司祭になると、人々の救霊のためにいっそう働き、 いくつかの修道院を建て、使徒的な働きに専念し、厳しい苦行に励んだ。1775年10月18日、ローマで死去。
(『毎日の読書』より)
23日 聖ヨハネ(カベストラノ)
(任意)
1386年、アブルッツィ地方(イタリア中部)のカタベネトラノに生まれる。ペルージャで法律の勉強に励み、しばらくの間、判事を務めた。 フランシスコ会に入り司祭に叙階されると、キリスト者の道徳を高め、異端とたたかうためにヨーロッパ全土で説教活動を行った。1456年、ウィラック(現在のユーゴスラビアのイロク)で死去。(『毎日の読書』より)
23日 聖ヨハネ・パウロ二世教皇(任意) 教皇ヨハネ・パウロ二世(カロル・ヨゼフ・ヴォイティワ)は、1920年にポーランドのワドヴッチに生まれた。司祭叙階の後、ローマで神学を修めて帰国し、司牧活動や神学教育に携わった。クラクフ教区の補佐司教を経て、1964年に同教区大司教に任命され第二バチカン公会議に参加。 1978 年10月16日、ローマ教皇に選出され、ヨハネ・パウロ二世を名乗った。とくに家庭、青年、病者に対する使徒的熱意にあふれ、世界各地へ司牧訪問を行なった。教導職の務めを多くの分野で畑氏、「カトリック教会のカテキズム」ならびにラテン教会と東方教会の「教会法典」を交付した。 2005年4月2日(復活節第2主日[神のいつくしみの主日]の前晩)にローマで死去。(『毎日のミサ』より)
24日 聖ヨアントニオ・マリア・クラレ
司祭(任意)
1807年、スペインのサトレントに生まれる。司祭に叙階されて数年間は、説教をしながらカタロニア地方を巡回した。クラレチアン宣教会を創立し、キューバ島の司教に任命され、人々の救霊のため大いに貢献した。 スペインに戻ると、教会に反対する人々から多くの苦難を受けたが、それを耐え忍んだ。1870年、フランスのフォンフロアードで死去。(『毎日の読書』より)
28日 聖ヨハネ 聖ユダ使徒 シモンの名は、使徒の名簿の11番目に記されている。シモンについては、「熱心党のシモン」と呼ばれていたことのほかには何も知られていない。 タダイとも呼ばれるユダは、最後の晩餐のとき、「主よ、わたしたちにはご自分を現そうとなさるのに、世にはそうなさらないのは、なぜでしょうか」(ヨハネ14・22)とイエスに尋ねた信徒である。(『毎日の読書』より)