名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

主の公現後の土曜日

ヨハネによる福音(ヨハネ3・22-30)
  そのとき、イエスは弟子たちとユダヤ地方に行って、そこに一緒に滞在し、洗礼を授けておられた。他方、ヨハネは、サリムの近くのアイノンで洗礼を授けていた。そこは水が豊かであったからである。 人々は来て、洗礼を受けていた。ヨハネはまだ投獄されていなかったのである。ところがヨハネの弟子たちと、あるユダヤ人との間で、清めのことで論争が起こった。彼らはヨハネのもとに来て言った。「ラビ、ヨルダン川の 向こう側であなたと一緒にいた人、あなたが証しされたあの人が、洗礼を授けています。みんながあのひとの方へ行っています。ヨハネは答えて言った。「天から与えられなければ、人は何も受けることができない。 わたしは、『自分はメシアではない』と言い、『自分はあの方の前に遣わされた者だ』と言ったが、そのことについては、あなたたち自身が証ししてくれる。花嫁を迎えるのは花婿だ。花嫁の介添え人はそばに立って 耳を傾け、花婿の声が聞こえると大いに喜ぶ。だから、わたしは喜びで満たされている。あの方は栄え、わたしは衰えねばならない。」

空白
主の公現の金曜日
空白