名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

受難の月曜日

ヨハネによる福音(ヨハネ12・1-12)

過越祭の六日前に、イエスはベタニアに行かれた。そこには、死者の中からよみがえらせたラザロがいた。イエスのためにそこで夕食が用意され、 マルタは給仕をしていた。ラザロはイエスと共に食事の席に着いた人々の中にいた。そのとき、マリアが純粋で非常に高価なナルドの香油を 一リトラ持って来て、イエスの足に塗り、自分の髪でその足をぬぐった。家は香油の香りでいっぱいになった。弟子の一人で、後にイエスを裏切る イスカリオテのユダが言った。「なぜ、この香油を300デナリオンで売って、貧しい人々に施さなかったのか。」彼がこう言ったのは、 貧しい人々のことを心にかけていたからではない。彼は盗人であって、金入れを預かっていながら、その中身をごまかしていたからである。 イエスは言われた。「この人のするままにさせておきなさい。わたしの葬りの日のために、それを取って置いたのだから。貧しい人々は いつもあなたがたと一緒にいるが、わたしはいつも一緒にいるわけではない。」
イエスがそこにおられるのを知って、ユダヤ人の大群衆がやって来た。それはイエスだけが目当てではなく、イエスが死者の中からよみがえらせた ラザロを見るためでもあった。祭司長たちは、ラザロをも殺そうと謀った。多くのユダヤ人がラザロのことで離れて言って、イエスを信じるようになったからである。

空白
受難の月曜日
空白