3月22日(日)  四旬節第5主日

ヨハネによる福音(ヨハネ12・20-33)
さて、祭りのときに礼はするためにエルサレムに上って来た人々の中に、何人かのギリシア人がいた。彼らは、ガリラヤのベトサイダ出身のフィリポのもとへ来て、 「お願いです。イエスにお目にかかりたいのです」と頼んだ。フィリポは行ってアンデレに話、アンデレとフィリポは行って、イエスに話した。 イエスはこうお答えになった。「人の子が栄光を受ける時が来た。はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。 だが、死ねば、多くの実を結ぶ。自分の命を愛する者は、それを失うが、この世で自分の命を憎む人は、それを保って永遠の命に至る。」

「わたしに仕えようとする者は、わたしに従え。そうすれば、わたしいるところに、わたしに仕える者がいることになる。わたしに仕える者がいれば、父はその人を大切にしてくださる。 今、わたしは心騒ぐ。何と言おうか。『父よ、わたしをこの時から救ってください』と言おうか。しかし、わたしはまさにこの時のために来たのだ。父よ、御子の栄光を現してください。」 すると、天から声が聞こえた。「わたしは既に栄光を現した。再び、栄光を現そう。」そばにいた群衆はそれを聞いて「雷が鳴った」と言い、ほかの者たちは、「天使がこの人に話しかけているのだ」と言った。 イエスは答えて言われた。「この声が聞こえたのは、わたしのためではなく、あなたがたのためだ。今こそ、この世が裁かれる時、今、この世の支配者が追放される。 わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」イエスは、御自分がどのような死を遂げるか示そうとして、こう言われたのである。 すると、群衆は言葉を返した。「わたしたちは律法によって、メシアは永遠にいつもおられると聞いていました。それなのに、人の子は上げられなければならない、とどうして言われるのですか。 その『人の子』とはだれのことですか。」イエスは言われた。「光はいましばらく、あなたがたの間にある。暗闇に追いつかれないように、光のあるうちに歩きなさい。 暗闇の中を歩く者は、自分がどこへ行くのか分からない。光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい。」
空白
3月22日
空白