名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

四旬節第5月曜日

ヨハネによる福音(ヨハネ8・1-11)

そのとき、イエスはオリーブ山へ行かれた。朝早く、再び神殿の境内に入られると、民衆が皆、御自分のところにやって来たので 座って教え始められた。そこへ、律法学者たちやファリサイ派の人々が、姦通の言葉で捕えられた女を連れて来て、真ん中に立たせ、 イエスに言った。「先生、この女は姦通しているときに捕まりました。こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。 ところで、あなたはどうお考えになりますか。」イエスを試して、訴える口実を得るために、こう言ったのである。イエスはかがみ込み、指で地面に何か書き始められた。 しかし、彼らがしつこく問い続けるので、イエスは身を起こして言われた。「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」 そしてまた、身をかがめて地面に下記続けられた。これを聞いた者は、年長者から始まって、一人また一人、と立ち去ってしまい、イエスほちりと、真ん中にいた女が残った。 イエスは身と起こして言われた。「婦人よ、あの人たちはどこにいるのか。だれもあなたを罪に定めなかったのか。」女が、「主よ、だれお」と言うと、イエスは言われた。 イエスは答えて言われた。「この声が聞こえたのは、わたしのためではなく、あなたがたのためだ。今こそ、この世が裁かれる時、今、この世の支配者が追放される。 「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。」
空白
空白