名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

四旬節第3主日

ヨハネによる福音(ヨハネ2・13-25)

ユダヤ人の過越祭が近づいたので、イエスは、エルサレムに上っていかれた。そして神殿の境内で牛や羊や鳩を売っている 者たちと、座って両替をしている者たちを御覧になった。イエスは縄で打ちを造り、羊や馬をすべて境内から追い出し、 両替人の鐘をまき散らし、その台を倒し、鳩を売る者たちに言われた。「このような物はここから運び出せ、わたしの父の家を 商売にしてはならない。」弟子たちは、「あなたの家を思う熱意がわたしを食い尽くす」と書いてあるのをおもいだした。 ユダヤ人たちはイエスに、「あなたは、こんなことをするからには、どんなしるしをわたしたちに見せるともりか」と言った。 イエスは答えて言われた。「この神殿を壊してみよ。三日で建てなおしてみせる。」それでユダヤ人たちは、「この神殿を建てるのに 46年もかかったのに、あなたは三日で建て直すのか」と言った。イエスの言われる神殿とは、御自分の体のことだったのである。 イエスが死者の中から復活されたとき、弟子たちは、イエスがこう言われたのを思い出し、聖書とイエスの語られた言葉を信じた。 イエスは過越祭の間エルサレムにおられたが、そのなさったしるしを見て、多くの人がイエスの名を信じた。 しかし、イエス御自身は彼らを信用されなかった。それは、すべての人のことを知っておられ、人間についてだれからも証ししてもらう 必要がなかったからである。イエスは何が人間の心の中にあるかをよく知っておられたのである。
空白
空白