名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

四旬節第3火曜日

マタイによる福音(マタイ18・21-35)

そのとき、ペトロがイエスのところに来て言った。「主よ。兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。7回までですか。」 イエスは言われた。「あなたに言っておく、7回どころか7の70倍までも赦しなさい。 そこで天の国は次のように例えられる。ある王が、家来たちに貸した金の決済をしようとした。 しかし、決済できなかったので、主君はこの家来に、自分も妻も子も、また持ち物全部売って返済するように命じた。 家来はひれ伏し、『どうか待ってください。きっと全部お返しします。』としきりに願った。 その家来の主君は憐れに思って、彼を赦し、その借金を帳消しにしてやった。 ところが、この家来は外に出て、自分に100デナリオンの借金をしている仲間に出会うと、捕まえて首を絞め、 『謝金を返せ』と言った。仲間はひれ伏して、『どうか待ってくれ。返すから』としきりに頼んだ。 しかし、承知せず、その仲間を引っぱって行き、借金を返すまで牢に入れた。仲間たちは、事の次第を見て 非常に心を痛め、主君の前に出て事件を残らず告げた。そこで、主君はその家来を呼びつけて行った。 『不届きな家来だ。お前が頼んだから、借金を全部帳消しにしてやったのだ。わたしがお前を憐れんで やったように、お前も自分の仲間をあわれんでやるべきではなかったか。』そして、主君は怒って、借金をすっかり返すまでと、 家来を牢役人へ引き渡した。あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さないなら、わたしの天の父もあなたがたに同じようになさるであろう。」

空白
空白