名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

四旬節第2主日

ルカによる福音(ルカ9・28b-36)
イエスは、ペトロ、ヨハネ、およびヤコブを連れて、祈るために山に登られた。祈っておられるうちに、イエスの顔の様子が変わり、服は真っ白に輝いた。見ると、2人の人がイエスと語り合っていた。 モーセとエリヤである。2人は栄光に包まれて現れ、イエスがエルサレムで遂げようとしておられる最期について話していた。ペトロと仲間は,ひどく眠かったが、じっとこらえていると、栄光に輝くイエスとそばに立っている2人の人が見えた。 その2人がイエスから離れようとしたとき、ペトロがイエスに言った。「先生、「わたしたちがここにいるのは,すばらしいことです。仮小屋を3つ建てましょう。1つはあなたのため、1つはモーセのため、もう1つはエリヤのためです。」 ペトロは、自分でも何を言っているのか、分からなかったのである。ペトロがこう言っていると、霊が現れて彼らを覆った。彼等が雲の中に包まれていくので、弟子たちは恐れた。すると、「これはわたしの子、選ばれた者。これに聞け」という声が雲の中から聞こえた。 その声がしたとき、そこにはイエスだけがおられた。弟子たちは沈黙を守り、見たことをだれにも話さなかった。

空白
空白