名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

四旬節第2水曜日

マタイによる福音(マタイ20・17-28)
イエスはエルサレムへ上って行く途中、12人の弟子だけを呼び寄せて言われた。「今、わたしたちはエルサレムに上っていく。 人の子は祭司長や律法学者たちに引き離される彼らは死刑を宣告して、異邦人に引き渡す。人の子を侮辱し、鞭打ち、十字架につけるためである。 そして人の子は、三日後に復活する。
そのとき、ゼベタイの息子たちの母が、その二人の息子と一緒にイエスのところに来て、ひれ伏して、何かを願おうとした。 イエスが「何がのぞみか」と言われると、彼女は言った。「王座にお着きになるとき、この二人の息子が、一人はあなたの右に、もう一人は左に座れるとおっしゃってください。」 イエスはお答えになった。「あなたがたは、何を願っているのか、分かっていない。このわたしが飲もうとしている杯を飲むことができるか。」二人が「できます」と言うと、 イエスは言われた。「確かに、あなたがたはわたしの杯を飲むことになる。しかし、わたしの右と左いだれが座るかは、わたしが決めることではない。 それは、わたしの父によって定められた人々に許されるのだ。」ほかの十人の者はこれを聞いて、この二人の兄弟に腹を立てた。 そこで、イエスは一同を呼び寄せて言われた。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では支配者たちが民を支配し、 偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。あなたがたの中で偉くなりたいものは、 後に仕える者になり、一番上になりたい者は、皆の僕になりなさい。人の子が、仕えられるためではなく仕えるために、 また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのと同じように。」

空白
空白