名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

四旬節第2木曜日

ルカによる福音(ルカ16・19-31)
「ある金持ちがいた。いつも紫の衣や柔らかい麻布を着て、毎日ぜいたくに遊びくらしていた。この金持ちの門前にラザロというできものだらけの貧しい人が横たわり、 その食卓から落ちる物で腹をみたしたいものだと思っていた。犬もやって来ては、そのできものをなめた。やがて、この貧しい人は死んで、天使たちによって宴席にいる アブラハムのすぐそばに連れて行かれた。金持ちは陰府でさいなまれながら目を上げると、縁戚でアブラハムとすぐそばにいるラザロとが、はるかかなたに見えた。 そこで、大声で言った。『父アブラハムよ、わたしを憐れんでください。ラザロをよこして、指先に水をしたし、わたしの下をひやしてください。 わたしはこの炎の中でもだえ苦しんでいます。』しかし、アブラハムは言った。『子よ、思い出してみるがよい。お前は生きている間に良いものをもらっていたが、ラザロは 反対に悪いものをもらっていた。今は、ここで彼は慰められ、お前はもだえ苦しむのだ。そればかりか、わたちたちとお前たちの間には大きな淵があって、ここから お前たちの方へ渡ろうとしてもできなしし、そこからわたしたちの方に超えてくることもできない。』金持ちは言った。 『父よ、ではお願いです。綿地の父親の家にラザロを遣わしてください。わたしには兄弟が五人います。あの者たちまで、こんな苦しいい場所にくることのないように、 よく言い聞かせてください。』しかし、アブラハムは言った。『お前の兄弟たちにはモーセと預言者がいる。彼らに耳を傾けるがよい。』 金持ちは言った。『いいえ、父アブラハムよ、もし、死んだ者の中からだれかが兄弟のところに行ってやれば、悔い改めるでしょう。』アブラハムは言った。 『もし、モーセと預言者に耳を傾けないのなら、たとえ死者の中から生き返る者があっても、その言うことを聞き入れはしないだろう。』」

空白
空白