≪≪HOME  ≪≪聖週間TOP
空白

教会公文書の過越の聖なる3日間に関連する箇所@

第2バチカン公会議『典礼憲章』より

110  四旬節の悔い改めは、単に個人的なものであるだけでなく、外的で社会的なものでなければならない。悔い改めの実践は、現代とそれぞれの地域の可能性、そして信者の状況に応じて促進され、第22条にある権威者によって奨励されなければならない。
  過ぎ越しの聖なる断食は、主の受難と死の金曜日にどこでもまもらなければならない。また適当であれば、聖土曜日にも続けるべきである。こうして高められ開かれた心で主の復活を喜びをむかえるようにしなければならない。

空白
≪≪聖週間TOP      教会公文書の過越の聖なる3日間に関連する箇所A≫≫
空白