名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

キリストの聖体

マルコによる福音(マルコ14・12-16、22-36)

  除酵祭の第一日、すなわち過越の小羊を屠る日、弟子たちがイエスに、「過越の食事をなさるのに、どこへ行って用意いたしましょうか」と言った。 そこで、イエスは次のように言って、二人の弟子を使いに出された。「都へ行きなさい。すると、水がめを運んでいる人に出会う。その人について行きなさい。 その人が入って行く家の主人にはこう言いなさい。『先生が、「弟子たちと一緒に過越の食事をするわたしの部屋はどこか」と言っています。』 すると、席が整って用意できた二階の広間を見せてくれるから、そこにわたしたちのための席を準備しておきなさい。」 弟子たちは出かけて都に行ってみると、イエスが言われたとおりだったので、過越の食事を準備した。
  一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えて言われた。「取なさい。これはわたしの体である。」 また、杯を取り、感謝の祈りを唱えて、彼らにお渡しになった。彼らは皆その杯から飲んだ。そして、イエスは言われた。「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である。 はっきり、言っておく、紙の国で新たに飲むその日まで、ぶどうの実から作ったものを飲むことはもうけっしてあるまい。」一同は賛美の歌をうたってから、オリーブ山へ出かけた。
空白
キリストの聖体
空白