名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

聖なる復活の徹夜祭

空白
ルカによる福音(ルカ24・1-12)

週の始めの日の明け方早く、婦人たちは、準備しておいた香料を持って墓に行った。みると、石が墓のわきに転がしてあり、中に入っても、主イエスの遺体が見当たらなかった。 そのため途方に暮れていると、輝く衣を来た二人の人がそばに現れた。婦人たちが恐れて地に顔を伏せると、二人は言った。「なぜ、生きておられる方を死者の中に捜すのか。 あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ。まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい。人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、 三日目に復活することになっている、といわれたではないか。」そこで、婦人たちはイエスの言葉を思い出した。そして、墓から帰って、11人とほかの人皆に一部始終を知らせた。 それは、マグダラのまりあ、よはな、ヤコブの母マリア、そして、一緒にいた他の婦人たちであった。婦人たちはこれらのことを使徒たちにはなしたが、使徒たちは、この話がたわ言の ように思われたので、婦人たちを信じなかった。しかし、ぺとろは立ち上がって墓に入り、身をかがめて中をのぞくと、亜麻布しかなかったので、この出来事に驚きながら家に帰った。

空白
空白