名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

復活の聖なる徹夜祭

空白
マタイによる福音(マタイ28・1-10)

  さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリアともう一人のマリアが、墓を見に行った。すると大きな地震が起こった。 主の天使が天から下って近寄り、石をわきへ転がし、そのうえに座ったのである。その姿は稲妻のように輝き、衣は雪のように白かった。番兵たちは恐ろしさのあまり震え上がり、死人のようになった。天使は婦人たちに言った。 「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。それから、急いで行って弟子たちにこう告げなさい。 『あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる。』確かに、あなたがたに伝えました。婦人たちは、恐れながらも大いに喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走っていった。 すると、イエスが行く手に立っていて、「おはよう」と言われたので、婦人たちは近寄り、イエスの足を抱き、その前にひれ伏した。イエスは言われた。「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会うことになる。」
空白
空白