名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME    ≪≪四旬節・復活節の共同祈願・叙唱TOP
空白

復活の聖なる徹夜祭

空白
ご復活の聖なる徹夜祭は教会の暦の頂点、その典礼の核心です。光の祭儀で始まって引き続いて執り行われることばの典礼は聖書からの朗読と祈りから織り込まれた大きなタペストリー。復活の賛歌で喜びをもって宣言された、誉め称えられた救いの歴史、過越の神秘は朗読、答唱詩編と祈りをとおして展開します。ここで火の祝別と御言葉の典礼における八つの祈願を取り上げます。



火の祝別

      祈りましょう。
      御子を世の光としてわたしたちに与えられた神よ、
      新しい火+を祝福してください。
      この過越の祭りによってわたしたちが新しい希望に燃え、
      清い心で永遠の光を受けることができますように。

      Deus, qui per Filium tuum
      claritatis tuae ignem fidelibus contulisti,
      novum hunc ignem+sanctificata,
      et concede nobis,
      ita per haec festa paschalia
      caelestibus desideriis inflammari
      ut ad perpetuae claritatis
      puris mentibus valeamus festa pertingere.

      O God, who through your Son
      bestowed upon the faithful the fire of your glory,
      sanctify+this new fire, we pray,
      and grant that,
      by these paschal celebrations,
      we may be so inflamed with heavenly desires,
      that with minds made pure
      we may attain festivities of unending splendour.

  火の祝別のために使用された祈りは第二公会議前の三つの祈りの一つに有来しますが多少編集されています。そして、その日本語訳には尚更に手がくわえられています。

  「御子を世の光としてわたしたちに与えられた神よ」はヨハネ1:14などを示唆する原文充分反映しない。イエスが私たちに現す栄光は自分のものではなくて御父のもの。そして、「新しい希望に燃え」ではなくて “Caelestibus desideriis inflammari” 「天の希望に燃える」。私たち一人一人の人生の旅の完成、御父の栄光のうちに。



ことばの典礼

  この日のことばの典礼は独特の構造を持っています。併せて九つの朗読あります。七つは旧約聖書から取られています。今の日本語のローマ・ミサ典書にその七つを多少省略することは認めていますが一番最近、Missale Romano,3rd edition,全部読むようとなっています。
  七つ目の朗読、その答唱詩編と祈願を終えて栄光の賛歌を歌うこととなっています。それから唱える祈願はその日の集会祈願。ほかの朗読と答唱詩編後唱えた祈りは「祈願」となっています。ある意味で、一つの朗読、その答唱詩編とその祈願を1セットと考えるてください。一つ一つの朗読と答唱詩編はその祈願の背景と考える方が分かりやすいからです。従って各祈願文の前にその関連の聖書の箇所などを明記します。

第一の祈願
(創世記1:1-2:2、詩編104:1-2a,5-6,10+12,13-14,24+35)

      全能永遠の神よ、
      あなたは万物をみ手の業として美しく造ってくださいました。
      時が満ちて、キリストの過越によって
      新たにされた世界は、
      時の初めに造られたものよりも
      さらに美しいものであることを
      あがなわれた民に悟らせてください。

      Omnipotens sempiterne Deus,
      qui es in omnium operum tuorum dispensatio mirabilis,
      intellegant redempti tui, non fuisse excellentius,
      quod initio factus est mundus,
      quam quod in fine saeculorum
      Pascha nostrum immolatus est Christus.

      Almighty and ever-living God,
      who are wonderful in the ordering of all your works,
      may those you have redeemed understand
      that there exists nothing more marvellous
      than the world’s creation in the beginning,
      except that, at the end of the ages,
      Christ our Passover has been sacrificed.

  日本語訳には余分な言葉と概念が挿入されています。「さらに美しいものであることを」の根拠は原文にはありません。原文は強調しているのは、時が満ちてキリストによって成し遂げられた過越は、全能の神の今までの業を超える業であることです。日本語の文章は二つに分けていますが、二行目の句点をはずして「が」を挿入すれば前半と後半の繋がり、一貫性がはっきり見えます。創造のわざからキリストの過越までは一つのわざとして密接に繋がっています。一つの愛の業なのです。

第一の祈願(人間の創造を選択した場合)
(創世記1:1、26-31a, 詩編33:6-7,12-13,20+22)

      聖なる父、
      あなたは人間を優れた方法でお造りになりましたが、
      さらに優れた方法であがなってくださいました。
      わたしたちが力を尽くし誘惑と戦い、
      永遠の喜びにはいることができるように導いてください。

      Deus, qui mirabiliter creasti hominem
      et mirabilius redemisti,
      da nobis, quaesumus,
      contra oblectamenta peccati mentis ratione persitere,
      ut mereamur ad aeterna gaudia pervenire.

      O God, who wonderfully created human nature
      and still more wonderfully redeemed it,
      grant us, we pray,
      to set our minds against the enticements of sin,
      that we may merit to attain eternal joys.

  祈願の背景には朗読された箇所だけではなく、創世記3章に目を留めてください。原文にある “oblectamenta” は「誘惑」で訳するには物足りなさを感じ得ざるをおえません。人類を惑わすものはかなり魅力的、心を惑わすもの、わたしたちを誘惑するものは数きれないほどの姿・形をもっています。ある意味で、一人一人のそれぞれの弱さであり、それぞれの一生に付きまとうものです。わたしたちをあがなってくださった優れた方法は十字架上で啓示された神の慈しみに満ちた愛にほかなりません。

第二の祈願
(創世記22:1-18,詩編16:5,8,9a,10-13,15-18)

      信じる者の父である神よ、
      あなたの霊が注がれて、
      今、約束の民は全世界にふえ、
      過越の神秘によって、
      アブラハムは信じる人の父となりました。
      わたしたちも信仰の恵みに生きることができますように。

      Deus, Pater summe fidelium,
      qui promissionis tuae filios diffusa adoptionis gratia
      in toto terrarium orbe multiplicas,
      Et per paschale sacramentum
      Abraham puerum tuum
      universarum, sicut iurasti, gentium efficis patrem,
      da populis tuis digne ad gratiam tuae vocationis intrare.

      O God, supreme Father of the faithful,
      who increase the children of your promise
      by pouring out the grace of adoption
      throughout the whole world
      and who through the Paschal Mystery
      make your servant Abraham father of nations
      as once you swore,
      grant, we pray
      that your people may enter worthily
      into the grace to which you call them.

  残念ながらこの祈願に含まれている大事な概念は日本語訳に十分表現されていません。原文の, Qui promissionis tuae filios diffusa adoptionis gratiaは言葉のうちに微妙に異なる意が持たされています。promissionis は辛うじて翻訳されていますがAdoptionisは無視されています。「縁組の恵みを注がれて、あなたの約束の子どもを増やした。」の意味合いを翻訳上もっと表に出して、御父側からの働きを強調していいと思います。またはアブラハムは過越の神秘によって、信じる人だけではなくて、Universarum……gentium efficis patrem, 信仰のうちにすべての人、すべての民の父となりました。

第三の祈願
(出エジプト記14:15-15:1、詩編15:1-2,3-5,6+16,17-18)

  第三朗読後の祈願として二つは用意されています。両方の祈りに出エジプトの出来事と洗礼の繋がりが表記されています。

      救いのわざを今も
      わたしたちの間に続けてくださる全能の神、
      選ばれた民をファラオの迫害から解放されたように、
      あなたは今、洗礼の水によって人々を救いに導いてくださいます。
      アブラハムの子孫に約束された栄光に
      全世界の人々が与ることができますように。

      Deus cuius antiqua miracula
      etiam nostris temporibus coruscare sentimus,
      dum, quod uni populo
      a persecutione Pharonis liberando
      dexterae tuae potential contulisti,
      id in salutem gentium
      per aquam regenerationis operaris,
      praesta, ut in Abrahae filios
      et in Israeliticam dignitatem
      totius mundi transeat plenitude.

      O God, whose ancient wonders
      remain undimmed in splendour even in our day,
      for what you once bestowed on a single people,
      freeing them from Pharoah’s persecution
      by the power of your right hand,
      now you bring about as the salvation of the nations
      through the water of rebirth,
      grant we pray, that the whole world
      may become the children of Abraham
      and inherit the dignity of Israel’s birthright.

  “Deus cuius antiqua miracula etiam nostris temporibus coruscare sentimus,” に出てくるantiqua miraculaを「救いのわざ」で翻訳するのは最善の努力の結果かもしれませんが、その表現が示唆されているものを出エジプトの出来事よりもっと広く解釈してもいいと思ういます。というのも創世記から過ぎ越の神秘まで、わたしたちの生きる現代までは含まれていますからです。etiam は小さい言葉ですが大きな意味をもっています。同じようにcoruscare、英語でundimmedと翻訳されています。その救いのわざの栄光、効果は今日まで陰りなしに続いています。

      救いの源である神よ、
      あなたは旧約の奇跡の意味を新約の光でときあかし、
      紅海が洗礼の泉の形であり、
      とらわれから解放された民は
      キリスト信者の姿を表すことを教えてくださいました。
      イスラエルに約束された祝福にすべての民が、
      信仰によってあずかり、あなたの霊を受けて
      新しく生まれることができますように。

      Deus, qui primis temporibus
      impleta miracula novi testament luce reserasti,
      ut et Mare Rubrum forma sacri fontis existeret,
      et plebs a servitude liberate
      christiani populi sacramenta praeferret,
      da, ut omnes gentes,
      Israelis privilegium merito fidei consecutae,
      Spiritus tui participation regenerentur.

      O God, who by the light of the New Testament
      have unlocked the meaning
      of wonders worked in former times,
      so that the Red Sea prefigures the sacred font
      and the nation delivered from slavery
      foreshadows the Christian people,
      grant, we pray, that all nations,
      obtaining the privilege of Israel by merit of faith,
      may be reborn by partaking of your Spirit.

  初代教会の時代からイエスについて、特にその過ぎ越の神秘が予告、預言されている考え方が根強かった。この概念はこの祈願に表明されています―紅海が洗礼の泉の形であり、とらわれから解放された民はキリスト信者の姿を表す―イエスの受難と復活をとうしてその過ぎ越の神秘の恵みはすべての国民にも及びます。その得権― privilegium/privilegeはすべての人々が生まれ変わって、信仰の恵みと聖霊の働きによって与るように祈ります。

第四の祈願
(イザヤ54:5-14、詩編30:2+4,5-6,11-12)

      全能、永遠の神よ、
      信仰の先駆者に与えられた約束のとおり、
      あなたの子をふやしてください。
      預言者の待ち望んでいたことがここに実現していることを
      教会か悟ることができますように。

      Omnipotens sempiterne Deus,
      multiplica in honorem nominis tui
      quod partum fidei spopondisti,
      et promissionis filios sacra adoptione dilata,
      ut, quod priores sancti non
      dubitaverunt futurum
      Ecclesia tua magna ex parte iam cognoscat impletum.

      Almighty ever living God,
      surpass, for the honour of your name,
      what you pledged to the Patriarchs by reason of their faith,
      and through sacred adoption increase the children of your promise,
      so that what the Saints of old never doubted would come to pass
      your Church may now see in great part fulfilled.

  「先駆者に与えられた約束」という表現はこの祈願の意味の一つのカギになりますので原文のもっと丁寧な翻訳が必要となります。先駆者は、信仰のうちの先祖、父であるアブラハム、イサク、ヤコブ・イスラエルとモーセを指しています。御父の約束の実現・成就の前提は彼ら、代々のイスラエル人の信仰となります。「あなたの子」は約束の子、縁組によって御父の子になった神の民。その子が増やされることは元来の聖人が幾世紀を通して疑わずに信じ、今の教会に実現されますように。御父の名前が崇められますように。「教会か悟ることができますように。」上に展開された神学的概念に全く触れていませんので認めがたく感じます。その根拠が解りにくいからです。

第五の祈願
(イザヤ55:1-11、詩編 12:2,4,5,6,)

      全世界の希望である神よ、
      今晩祝う神秘の意味を、
      あなたは預言者によって明らかにしてくださいました。
      あなたのいぶきによってわたしたちのうちに
      救いの神秘を豊かに実らせてください。

      Omnipotens sempiterne Deus,
      spes unica mundi,
      qui prophetarum tuorum praeconio
      praesentium temporum declarasti mysteria,
      auge populi tui vota placates,
      quia in nullo fidelium nisi ex tua inspiratione proveniunt
      quarumlibet incrementa virtutum.

      Almighty living God,
      sole hope of the world,
      who by the preaching of your Prophets
      unveiled the mysteries of this present age,
      graciously increase the longing of your people,
      for only at the prompting of your grace
      do the faithful progress in any kind of virtue.

  また理解に苦しむ訳に出会います。祈りの趣旨の半分しか読み取れないと思います。「全世界の希望である神よ、」はOmnipotens sempiterne Deus, spes unica mundi に表現されている「全能永遠の神、世界の唯一の希望」と翻訳していただきたいものです。「今晩祝う神秘の意味を」原文にもっと広い意味を持っています。預言者のことばによって語られたことは「今晩」だけではなくて今の時代、イエス・キリストの過ぎ越の神秘に始まったこの新しい時代に、私たち皆に、啓示されています。皆が、特に私たちが塾望、心からの望みを増してください。御父の恵みの働きなしに美徳(virtue)に満たされたこころに進む、近づくことができるように祈ります。

第六の祈願
(バルク3:9-15,32-4:4、詩篇 19:8,9,10,11)

      諸国の民を招いて教会を成長させてくださる神、
      わたしたちの祈り耳を傾け、
      洗礼によって新しく生まれる人をいつもお守りください。

      Deus, qui Ecclesiam tuam
      semper gentium vocatione multiplicas
      concede propitius
      ut, quos aqua baptismatis abluis,
      continua protectionis tuearis.

      O God, who constantly increase your Church
      by your call to the nations,
      graciously grant
      to those you wash clean in the waters of Baptism
      the assurance of your unfailing protection.

  珍しく原文に比較的に近い日本語訳です。教会・信徒共同の拡大は神の諸国民への招きにより、受洗者の信仰への旅は神の恵みの働きによるものです。私たちの役割は、脇役と言いましょう。その聖霊の働きを守るものですが、聖霊はいくら働いても受洗者を受け入れる、歓迎する信徒の共同体の働きは欠かさないもの。洗礼によって清くされた、救われた、すべての信徒をあなたの揺るぎないご保護で守ってください。今日の典礼の大切なテーマ、洗礼。洗礼の約束を更新することをここでは示唆されています。

第七の祈願
(エゼキエル36:16-28,詩編42:3+4,5,6,43:3,4)

      永遠の光である神よ、
      全教会を顧み、
      救いの計画を力強くすすめてください。
      倒れた人を起こし、古いものを新たにし、
      キリストによってすべてを一つに集めてくださいますように。

      Deus, incommutabilis virtus et lumen aeternum,
      respice propitius ad totius Ecclesiae mirabile sacramentum
      et opus salutis humanae
      perpetuae dispositionis effectu
      tranquillius operare;
      totusque mundus experiatur et videat
      deiecta erigi, inveterate renovari
      et per ipsum Christi redire omnia in integrum,
      a quo sumpsere principium

      O God of unchanging power and eternal light,
      look with favour on the wondrous mystery of the whole Church
      and serenely accomplish the work
      of human salvation
      which you planned from all eternity;
      may the whole world know and see
      that what was cast down was raised up,
      that had become old is made new,
      and all things are restored to integrity through Christ,
      just as by him they came into being.

  ラテン語の原文と英語訳を読んでから日本語訳を読むと失望の気持ちさえ辞さない。全文の直訳を試みてみました。

  (私訳)
  代わり(と)陰りを知らない権威を持つ、永遠の光の神よ
  底を知らない神秘に満ちた教会を顧みて
  永遠から計画された人類の救いのわざを
  穏やかに全うしてください。
  全世界(全世代)は突き落とされたものは立ち上がらされて、
  古くなった(衰えた)ものは新たにされて、
  すべてはキリストのうち始まったものが、
  その本来の高潔さに戻された姿を世界が知り、見ることができますように。

  これほど豊富な神学的考察はもっと読みやすい日本語にできるはずです。そうしない限りこの祈願に込められた信仰も失ってしまうことになりますし、一緒に祈る信徒の信仰を成長し、深まる機会を逃してしまいます。

      全能の神よ、
      あなたは聖霊によって、
      過越の神秘を祝うように教えてくださいました。
      新約のあなたの民が、
      今受ける恵みを味わって将来への希望を強めることができますように。

      Deus, qui nos ad celebrandum paschale sacramentum
      utriusque Testamenti pagini instruis
      da nobis intelligere misericordiam tuam,
      ut ex perception praesentium munerum
      firma sit expectationem futurorum

      O God, who by the pages of both testaments
      instruct and prepare us to celebrate the Paschal Mystery,
      grant that we may comprehend your mercy,
      so that the gifts we receive from you this night
      may confirm our hope of the gifts to come.

  “Utriusque Testamenti/Both Testaments”、 旧約・新約、聖書全体を通して少しづつ展開されて、啓示された過ぎ越の神秘は同時に御父である神の憐み、慈しみの神秘の啓示。わたしたちはまだその憐み、慈しみを充分理解していないし、実行していません。一般の信徒の間にどれほど「過越の神秘」の理解が浸透されているか疑問を持ちます。復活の聖なる徹夜祭の典礼はその理解を深めるためにもっと大切で、適切な機会を皆さんに伝えたいと願いながら今回の文書の執筆に取り組みました。
  今の日本語訳を少しさわって、「今夜、この聖なる夜、受ける恵みを味わって将来への希望を固めることができますように。」ラテン語にあるfirma、英語にあるconfirmを「確実に」に翻訳していいかもしれません。希望を持つことは信仰を持っているもう一つの証拠、証しである。

(洗礼志願者がいる場合)

      全能、永遠の神よ、
      これから行われる秘跡によってあなたのいつくしみを注ぎ、
      聖霊を与えて、洗礼の泉から生まれる人を
      新しい民に加えてください。
      わたしたちのここで行うことが
      あなたの力によって完成しますように。

  この祈願はローマ・ミサ典書、第三版に見当たりませんのでコメントを省きます。その上比較的に分かりやすいのでコメントは不必要ですね。


集会祈願

      この神聖な夜を主イエスの復活の光で照らしてくださる神、
      あなたの家族に加えられる人々が
      子とされる霊を保ち、
      新しい人となってあなたに使えることができますように。

      Deus, qui hanc sacratissimam noctem
      gloria domincae resurrectionis illustras,
      excita in Ecclesia tua adoptionis spiritum,
      ut, corporis et mente renovati
      puram tibi exhibeamus servitutem.

      O God, who make this most sacred night radiant
      with the glory of the Lord’s Resurrection,
      stir up in your Church a spirit of adoption,
      so that, renewed in body and mind,
      we may render you undivided service.

  再び、原文と違う翻訳に出会います。一行目を良しとして、この祈願は受洗者だけではなくてすべての信徒、この聖なる夜、教会として集っている皆のための祈りです。Adoptionis spiritum/a spirit of adoptionという大事な表現は今の日本語のミサ典礼書をかなり悩ました気がします。私たちみな、洗礼によって、聖霊の働きによって、キリストの体になったし、御父の子ともなりました。 この夜の典礼を通して子であることの認識、意識を再燃して、身体も心も新たにされて、神のみ旨に専心・専念することができますように祈りたいと思います。 Deus, qui hanc sacratissimam noctem/ O God, who make this most sacred night radiant は日本語で「この神聖な夜」となっていますので聞き逃すことはできます。実はこの表現かそれに類似する表現は今晩の典礼中何回も耳にします。 今の聖週間の式書に記載された「復活の賛歌」はその諸所を略した訳です。原文などを読んでみるとhanc noctem/this nightは9回出てきます。使徒書・ローマ人への手紙までの七つの朗読に語られた神の御わざ、救いの御わざ、今でも続いています。 キリストの復活はその完成といえましょう。引き続いて使徒書の朗読が行われます。朗読される箇所はローマ6:3-11.

復活のアレルヤ

  ご復活のアレルヤは教会の一年間に、一番荘厳に唱えるもの。ご復活の喜びを表すものとして会衆全員は心をこめて歌う、喜びの溢れの表現擦る歌。
  ローマ・ミサ典書、第三版に主司式司祭は初めに「アレルヤ」を三回唱えると明記されています。会衆はそれにこたえる形で「アレルヤ」を歌います。司式司祭は歌唱力に自信を持つならば少しづつ音調を、回を重ねるに合わせ、上げていくようにしましょう(詩編先唱者が代行することは可)。その後、答唱詩編として詩編118: 1-2,16-17,22-23.を唱句とし、会衆がアレルヤを歌います。「ご復活のアレルヤ」と答唱詩編の詩編118: 1-2,16-17,22-23は別々に考え、歌うこととなっています。

福音朗読―A年:マタイ28:1-10、B年:マルコ6:1-18、C年:ルカ24:1-12
空白