名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME    ≪≪四旬節・復活節の共同祈願・叙唱TOP
空白

復活の主日(日中のミサ)

空白
集会祈願
(主の復活の善き日に当たって、永遠のいのちへの希望をあらたにして祈りましょう)

      全能の神よ、
      あなたは今日御ひとり子によって死を打ち砕き、
      永遠のいのちの門を開いてくださいました。
      主イエスの復活を記念し、
      この神秘にあずかるわたしたちを、
      あなたの霊によって新たにし、
      永遠のいのちに復活させてください。

      Deus, qui hodierna die, per Unigenitum tuum,
      aeternitatis nobis aditum, devicta morte, reserasti,
      da nobis quaesumus,
      ut, qui resurrectionis dominicae sollemnia colimus,
      per innovationem tui Spiritus
      in lumine vitae resurgamus.

      O God, who on this day,
      through your Only Begotten Son,
      have conquered death
      and unlocked for us the path to eternity,
      grant we pray, that we who keep
      the Solemnity of the Lord’s Resurrection
      may through the renewal brought by your Spirit
      rise up in the light of life.

  「この夜」は「この日」になります。歴史の要の日。そのテーマを原文に近い重みをもたらすために4行以降を少しさわって、「主イエスの復活の神秘の記念にあずかるわたしたちが聖霊に新たにされて、永遠のいのちの光に復活させてください。」に翻訳したらどうでしょう。一般の信徒の間に、今でもご復活祭に祝う神秘はわたしたちの信仰生活の基礎、他の主日・祭日より重要されていない、理解していないことを考慮して、マタイ、マルコとルカ福音書のご復活の記述に「主の初めに日」と必ず出てくることに着目したい。その短い表現の広さと深さを探るためにヨハネ・パウロ二世の使徒的書簡、「主の日」”Dies Domini”は大いに参考になります。



復活節の叙唱―Easter Prefaces
第二バチカン公会議前に使用されたローマ・ミサ典礼書にご復活の叙唱は一つしかありませんでした。今は五つあります、そしてその内容は本当に意味深いものです。英語の文献ですが、Patrick Regan OSB, “Advent to Pentecost―Comparing the Seasons in the Ordinary and Extraordinary Form of the Roman Rite”, (a Pueblo Book/The Liturgical Press, 2012)のページ275-278を多いに参考しています。

復活一  過越の神秘
(この叙唱は復活節に用いる。復活徹夜祭には「この夜」、復活の主日と八日間中は「この日」、それ以外は「その時」と唱える)

      聖なる父よ、
      いつでもまた特にこの夜(この日に、この時)
      あなたをたたえ祝うことは、
      まことにとうといたいせつな務めです。

      わたしたちの過越キリストは
      世界の罪を取り除かれたまことのいけにえの子羊、
      自分の死をもってわたしたちの死を打ち砕き、
      復活をもってわたしたちにいのちをお与えになりました。

      神の威光をあがめ権能を敬うすべての天使とともに、
      わたしたちもあなたの栄光をおわりなくほめ歌います。

      Vere dignum et iustum est, aequuum et salutare:
      Te quidem, Domine, omni tempore confiteri,
      Sed in hac potissimum nocte (die) gloriosus praedicare,
      (sed in hoc potissimum gloriosus praedicare,)
      Cum Pascha nostrum immolates est Christus.

      Ipse enim verus est Agnus
      Qui abstulit peccata mundi.
      Qui mortem nostrum moriendo destruxit,
      Et vitam resurgendo reparavit.

      Quapropter, profusis paschalibus gaudiis,
      Totus in orbe terrarium mundus exsultat.
      Sed et supernae virtutes atquae angelicae potestates
      Hymnum gloriae tue concinunt, sine fine dicentes.

      It is truly right and just, our duty and our salvation,
      at all times to acclaim you, O Lord,
      but (on this night/on this day/in this time) above all
      to laud you yet more gloriously,
      when Christ our Passover has been sacrificed.

      For he is the true Lamb
      Who has taken away the sins of the world;
      By dying he has destroyed our death,
      And by rising, restored our life.

      Therefore, overcome with paschal joy,
      Every land, every people exults in your praise
      And even the heavenly Powers, with the angelic hosts,
      Sing together the unending hymn of your glory,
      As they acclaim:

  復活節の5つの叙唱を並べって比較すると幾つかのことに気づきます。特にラテン語の原文と英語訳の場合、基本的の構造のレベルで統一されています。日本語訳に関して、第2から第5までほぼもそうですが、第1の訳は違います。ある大事な表現は翻訳されていますがラテン語と英語に確認できる構造は無視されていますので原文のラテン語また英語訳に果たす役割が保たれていなく、多少わかりにくなっています。

  “Cum Pascha nostrum immolates est Christus”の 英語訳は”when Christ our Passover has been sacrificed”で、そして日本語訳の第3、第4と第5では「過越の子羊キリストがささげられたこの時」となっています。日本語訳はラテン語と英語に近いのですがちょっと手を加えて、「わたしたちの過越キリストは捧げられたこの時」。「時、時期」と「わたしたちの過越キリスト」という表現は5つの叙唱の意味を解く大事な概念を表しています。

  この夜(この日、この時)は前に指摘した通り、ご復活の賛歌に繰り返されています。それからの御ことばの祭儀と各朗読後の祈願には「この夜・この時」の意味は紹介されて、説明されています。そこで語られた救いの歴史は、救いの神学はご復活の叙唱の神学の背景ともなっています。

  Pascha nostrum Christus/ Christ our Passoverの意味は各叙唱の第二段落に紹介されて、説明されています。第1の叙唱に次のように説明されています。「世界の罪を取り除かれたまことのいけにえの子羊、自分の死をもってわたしたちの死を打ち砕き、復活をもってわたしたちにいのちをお与えになりました。」 この文章の前半はヨハネ1:29の洗礼者ヨハネの証しを思い起こします。後半は現在の日本語訳のミサ典礼書にありません。あ聖変化後の信仰告白として使用できる次のことば “Mortem tuam annuntiamus, Domine, et tuam resurrectionem confitemur, donec venias”の英語訳は “We proclaim your Death, O Lord, and profess your resurrection until you come again.”で間接的につながっています。更に興味深いのは、ローマ・ミサ典礼書1970版の英語訳にこの叙唱にヒントを貰って、聖変化後の信仰宣言として次の言葉を採用しました。 ”Dying you destroyed our death, rising you restored our life. Lord Jesus, come in glory. “2001年発表された翻訳指針,”Liturgiam Authenticam”に適合しなかったので2011年に発表されたミサ典礼書の英語訳から省かれています。

復活二  新しいいのち
(この叙唱は復活節に用いる。洗礼を行われるミサには用いることができる。復活徹夜祭には「この夜」、復活の主日と八日間中は「この日」、それ以外は「その時」と唱える)

      聖なる父よ、
      いつでもまた特にこの夜(この日に、この時)
      あなたをたたえ祝うことは、
      まことにとうといたいせつな務めです。

      御子キリストはわたしたちの罪を身に負って十字架につけられ、
      その死によってわたしたちの死をほろぼされ、
      その復活のうちにすべてのいのちが復活します。
      キリストを信じる者は光の子として生まれ、
      天の国の門が開かれて、永遠のいのちにあずかるものとなります。

      天と地は主の復活の喜びに満たされ、
      あなたをたたえるすべての天使 聖人とともに、
      わたしたちも感謝の賛歌をささげます。

      Vere dignum et iustum est, aequuum et salutare:
      Te quidem, Domine, omni tempore confiteri,
      sed in hoc potissimum gloriosus praedicare,
      Cum Pascha nostrum immolatus est Christus.

      Per quem in aeternam vitam filii lucis oriuntur
      Et regni caelestis atria fidelibus reserantur
      Quia mors nostra et eius morte redempta,
      Et in eius resurecctione vita omnium resurrexit

      Quapropter, profusis paschalibus gaudiis,
      Totus in orbe terrarium mundus exsultat.
      Sed et supernae virtutes atquae angelicae potestates
      Hymnum gloriae tue concinunt, sine fine dicentes.

      It is truly right and just, our duty and our salvation,
      at all times to acclaim you, O Lord,
      but in this time above all to laud you yet more gloriously,
      when Christ our Passover has been sacrificed.

      Through him the children of light rise to eternal life
      And the halls of the heavenly Kingdom
      Are thrown open to the faithful;
      For his death is our ransom from death,
      And in his rising the life of all is risen.

      Therefore, overcome with paschal joy,
      Every land, every people exults in your praise
      And even the heavenly Powers, with the angelic hosts,
      Sing together the unending hymn of your glory,
      As they acclaim:

  「わたしたちの過越キリスト」という表現は原文ラテン語にあるにもかかわらず、残念ながら日本語訳にはありません。第二段落の前提になっています。「キリストを信じる者は光の子として生まれ、天の国の門が開かれて、永遠のいのちにあずかるものとなります。」を可能にしたのは、「御子キリストはわたしたちの罪を身に負って十字架につけられ、その死によってわたしたちの死をほろぼされ、その復活のうちにすべてのいのちが復活します。」イエスはわたしたちの過越キリストだから。ここでヨハネ福音書8:12, 12:26に触れている「光の子」の考え方を一つの大事な背景としても指摘していいと思います。

復活三  とりなしてくださるキリスト
(この叙唱は復活節に用いる。)

      聖なる父よ、
      過越の子羊キリストがささげられたこの時、
      感謝と喜びに満ちあふれてあなたをたたえます。

      キリストはわたしたちのためにみずからを渡し、
      死に打ち勝って栄光のうちに生き、
      いつもあなたの前とりなしてくださいます。

      全世界は復活の喜びに満ち、
      すべての天使はあなたの栄光をたたえ終わりなく歌います。

      Vere dignum et iustum est, aequuum et salutare:
      Te quidem, Domine, omni tempore confiteri,
      sed in hoc potissimum gloriosus praedicare,
      Cum Pascha nostrum immolatus est Christus.

      Qui se pro nobis offere non destinit
      Nosque apud te perenni advocatione defendit;
      Qui immolates iam non moritur
      Sed semper vivit occisus.

      Quapropter, profusis paschalibus gaudiis,
      Totus in orbe terrarium mundus exsultat.
      Sed et supernae virtutes atquae angelicae potestates
      Hymnum gloriae tue concinunt, sine fine dicentes

      It is truly right and just, our duty and our salvation,
      at all times to acclaim you, O Lord,
      but in this time above all to laud you yet more gloriously,
      when Christ our Passover has been sacrificed.

      He never ceases to offer himself for us
      But defends us and ever pleads for us before you:
      He is the sacrificial victim who dies no more,
      The Lamb once slain who lives forever

      Therefore, overcome with paschal joy,
      Every land, every people exults in your praise
      And even the heavenly Powers, with the angelic hosts,
      Sing together the unending hymn of your glory,
      As they acclaim:

  「キリストはわたしたちのために自らを渡し、死に打ち勝って栄光のうちに生き、いつもあなたの前とりなしてくださいます。」比較的に短い文章でありながら、ヨハネ2:1, コリント第一5:7, ローマ6:9, と黙示録5:6に繋がっています。イエスは自らを渡し、自分を御父のみ旨にゆだねることによって、今わたしたちを守り、弁護するものとして御父の前に立つ。「死に打ち勝って栄光のうちに生き(る)」のでわたしたちにも永遠のいのちに生きるように導かれます。わたしたちの過越の小羊キリストとしてここで現存します。

復活四  新しい世界
(この叙唱は復活節に用いる。)

      聖なる父よ、
      過越の子羊キリストがささげられたこの時、
      感謝と喜びに満ちあふれてあなたをたたえます。

      キリストは死からの復活によって罪を打ち破り、
      倒れていた世界を立て直し、
      新しいのちをわたしたちにお与えになります。

      全世界は復活の喜びに満ち、
      すべての天使はあなたの栄光をたたえ終わりなく歌います。

      Vere dignum et iustum est, aequuum et salutare:
      Te quidem, Domine, omni tempore confiteri,
      sed in hoc potissimum gloriosus praedicare,
      Cum Pascha nostrum immolatus est Christus.

      Quia, vetustate destructa, renovantur universa deiecta
      Et vitae nobis in Christo reparatur integritas

      Quapropter, profusis paschalibus gaudiis,
      Totus in orbe terrarium mundus exsultat.
      Sed et supernae virtutes atquae angelicae potestates
      Hymnum gloriae tue concinunt, sine fine dicentes

      It is truly right and just, our duty and our salvation,
      at all times to acclaim you, O Lord,
      but in this time above all to laud you yet more gloriously,
      when Christ our Passover has been sacrificed.

      For, with the old order destroyed,
      A universe cast down is renewed,
      And integrity of life is restored to us in Christ.

      Therefore, overcome with paschal joy,
      Every land, every people exults in your praise
      And even the heavenly Powers, with the angelic hosts,
      Sing together the unending hymn of your glory,
      As they acclaim:

  「聖なる復活の徹夜祭」において第7の祈願についてコメントしたとき、原文ラテン語に近い私訳を紹介しました。もう一度、記載せます。

  代わり(と)陰りを知らない権威を持つ、永遠の光の神よ、
  底を知らない神秘に満ちた教会を顧みて
  永遠から計画された人類の救いのわざを
  穏やかに全うしてください。
  全世界(全世代)は突き落とされたものは立ち上がらされて、
  古くなった(衰えた)ものは新たにされて.......

  第4の叙唱の第二段落にはその同じ発想はまた登場します。それ以外に聖書にも二つの接点はあります。第2コリント5:17と黙示録21:11は参考になります。過越の小羊キリストの使命は歴史を通して、歴史は全うされるまでつづきます。過ぎ越しの神秘はまさに歴史を解くカギなのです。

復活五  新しい世界
(この叙唱は復活節に用いる。)

      聖なる父よ、
      過越の子羊キリストがささげられたこの時、
      感謝と喜びに満ちあふれてあなたをたたえます。

      キリストはわたしたちの救いのためにその身を渡し、
      十字架のまことのいけにえによって旧約のいけにえを終わらせ、
      霊と真実による新しい礼拝をおささげになりました。

      天と地は主の復活の喜びに満ち、
      すべての天使はあなたの栄光をたたえ終わりなく歌います。

      Vere dignum et iustum est, aequuum et salutare:
      Te quidem, Domine, omni tempore confiteri,
      sed in hoc potissimum gloriosus praedicare,
      Cum Pascha nostrum immolatus est Christus.

      Qui, oblatione corporis sui,
      Antiqua sacrificial in crucis veritate perfecit
      Et, seipsum tibi pro nostra salute commendams,
      Idem sacerdos, altare et agnus exhibuit

      Quapropter, profusis paschalibus gaudiis,
      Totus in orbe terrarium mundus exsultat.
      Sed et supernae virtutes atquae angelicae potestates
      Hymnum gloriae tue concinunt, sine fine dicentes

      It is truly right and just, our duty and our salvation,
      at all times to acclaim you, O Lord,
      but in this time above all to laud you yet more gloriously,
      when Christ our Passover has been sacrificed.

      By the oblation of his Body,
      He brought the sacrifices of old to fulfilment
      In the reality of the Cross
      And , by commending himself to you for our salvation,
      Showed himself the Priest, the Altar, and the Lamb of sacrifice.

      Therefore, overcome with paschal joy,
      Every land, every people exults in your praise
      And even the heavenly Powers, with the angelic hosts,
      Sing together the unending hymn of your glory,
      As they acclaim:

  第5の叙唱の場合一つの不思議な現象起こります。日本語訳と英語訳はそれぞれ別々な箇所で原文ラテン語からずれます。

  「キリストはわたしたちの救いのためにその身を渡し、十字架のまことのいけにえによって旧約のいけにえを終わらせ、霊と真実による新しい礼拝をおささげになりました。」は四旬節第三主日の福音、イエスとサマリアのヤコブの井戸で行われた会話を思い起こします(特にヨハネ4:23-24)。第二段落にはヘブライ人への手紙7章から10章に展開された神学を凝縮しています。そしてラテン語の “Et, seipsum tibi pro nostra salute commendams,idem sacerdos, altare et agnus exhibuit”は英語で “And , by commending himself to you for our salvation,showed himself the Priest, the Altar, and the Lamb of sacrifice.” Agnusは意訳されて、”Lamb of sacrifice”となっています。ご復活第1と第3の叙唱に似たような発想も出てきます。最後にキリスト自身を「祭壇」に例える発想は聖堂と祭壇を聖別、奉献するミサの聖別の祈りまた叙唱に出てきます。

  ここまで記載しましたが、この5つの叙唱における神学は書き終わらないと言わざるを得なません。幾分のヒントに過ぎない話で終わります。今作成中のローマ・ミサ典礼書の日本語訳の決定版は断定訳よりその神学を十分反映することを願っています。そうすることで皆さんにこの季節を理解するためにその典礼文は重要ですし、大切な役割を果たすことをやっとできるようになります。

復活節の叙唱比較表
空白