名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME    ≪≪四旬節・復活節の共同祈願・叙唱TOP
空白

四旬節の叙唱  一〜四

空白
四旬節の叙唱  一    四旬節の精神

※第一の四旬節の叙唱だけの場合全文を載せしますが、それ以降、省きます。

      聖なる父全能永遠の神よ、
      いつどこでも主キリストによって
      賛美と感謝をささげることは、
      まことにとうといたいせつな務め(です)。

      あなたは信じる人々が復活の神秘を喜びのうちに待ち望み、
      年ごとに心を清めて、迎えるように導かれます。
      こうしてわたしたちは祈りと愛のわざに励み、
      神の豊かの恵みに満たされるように努めます。


      神の威光をあがめ権能を敬うすべての天使とともに、
      わたしたちはあなたの栄光を終わりなくほめ歌います。

      Vere dignum et justum est, aequm et salutare,
      nos tibi semper et ubique gratias agere:
      Domine, sancta Pater, omnipotens aeternae Deus:
      per Christum Dominum nostrum.

      Quia fidelibus tuis dignanter concedes
      quotannis paschalia sacramenta
      diin gaudio purificatis mentibus expectatare:
      ut pietatis official et opera caritatis propensius exsequentes,
      frequentatione mysteriorum, quibus renati sunt,
      et gratiae filiorum plenitudinem perducantur.


      Et ideo cum Angelis et Archangelis,
      cum Thronis et Dominationibus,
      cumque omni militia caelestis exercitus
      hymnum gloriae tuae canimus,
      sine fine dicentes.

      It is truly right and just, our duty and our salvation,
      always and everywhere to give you thanks,
      Lord, Holy Father, almighty and eternal God,
      through Christ our Lord.

      By your gracious gift each year
      your faithful await the sacred paschal feasts
      with the joy of minds made pure,
      so that, more eagerly intent on prayer
      and on the works of charity,
      and participating in the mysteries,
      by which they have been reborn,
      they may be led to the fullness of grace
      that you bestow on your sons and daughters.


      And so, with Angels and Archangels,
      with Thrones and Dominions
      and with all the hosts and Powers of heaven,
      we sing the hymn of your glory,
      as without end we acclaim:

この叙唱の副題は「四旬節の精神」となっていますが、「精神」と翻訳された意味合いの中にはは「霊性」また「心構え」という意味も含まれています。そしてこの季節を守る季節ではなくて、お祝いする季節です。御父からの賜物だからです。祈りと愛のわざを通して自分の心を清めるように設けられた季節。過越の神秘、イエスの死と復活に与って、そこから湧き出る新しいいのちに生きるようの準備の季節です。自分の信者としての原点、初心に戻るための期間、気付きの期間。よく見ると節制との概念に触れていません。節制に励むなら自分の意志の強さをあかしするためではなくて、イエスのご受難とご復活にもっとふさわしくあずかるためです。
空白
四旬節の叙唱  二    回心の時

      あなたは信じる民の回心を望み、
      この恵みの時をお定めになり、
      過ぎ行くこの世にあるわたしたちが心のおごりを捨て
      永遠に変わることのないものを求めるよう導かれます。

      Qui filiis tuis ad reperandam mentium puritatem,
      tempus praecipuum salubriter statuisti,
      quo, mente ab inordinatis affectibus expedita,
      sic incumberent transituris
      ut rebus potius perpetuis inhaererent.

      For you have given your children a sacred time
      for the renewing and purifying of their hearts,
      that, freed from disordered affections,
      they may deal with the things of this passing world
      as to hold rather to the things that eternally endure.

「心のおごりを捨て」の表現は原文のラテン語の inordinatis affectibus, 英語の disordered affectionsを表すための訳です。驕り、傲りの意味は「思いあがり」だそうですが、原文の意味もっと幅広いのです。わたしたちは人と関わり、言葉をはっするとき、行動を起こすとき、自分の都合、自分の気持ち、大切にするものを優先しがちです。永遠に変わることのないものより、その時の空気を読み、その時流行ってものに翻弄されて生きています。本当の自分になるために回心の時は必要です。四旬節の人になるように招かれています。
空白
四旬節の叙唱  三    悔い改めのわざ    ※週日のみ用いることができる

      四旬節にあたり
      罪深いわたしたちは節制によって思いあがりを正し、
      あなたのいつくしみにこたえて貧しい人を助け、
      悔い改めのわざを通して感謝をささげるよう招かれています。

      Qui nos per abstinentiam tibi gratias reffere voluisti,
      ut ipsa et nos peccatores ab insolentia mitigaret,
      et, egentium proficiens alimento
      imitatores tua benignitatis efficeret.

      For you will that our self-denial should give you thanks,
      humble our sinful pride,
      contribute to the feeding of the poor,
      and so help us to imitate you in your kindness.

本当の節制の心は感謝の心に密接につながっています。悔い改めのわざは感謝の心から生まれています。”isolentia mitigaret”(謙虚な心を養うと言いましょう)という表現を翻訳したらその悔い改めるの一つな側面が見えてきました。日本語に見える「貧しい人を助ける」、英語で “feeding the poor” となっています。その具体性は抽象的な「助ける」を前面に出していいと思います。毎年カリタス日本のための四旬節の愛の献金の意味付けと目的はこの叙唱はうらづけています。
空白
四旬節の叙唱  四    節制の実り    ※週日のみ用いることができる

      あなたは悪い習慣を節制によって改めさせ、
      精神を高めて、霊の力とたまものをお与えになります。

      Qui corporali ieiunio vitia comprimis, mentem elevas,
      virtutem largiris et praemia:
      per Christum Dominum nostrum

      For through bodily fasting you restrain our faults,
      raise up our minds,
      and bestow both virtue and its rewards,
      through Christ our Lord.

四旬節の叙唱の中で一番短いです。ラテン語のcorporali ieiunio vitia comprimis,そして英語の訳に出てくる “bodily fasting” は日本語では多少ぼやかしています。悪い習慣を節制するのは自分の肉体的の要求と戦う、制御することによって可能になる、要求された本能の制御によって自由を味わう、精神、こころ・キリスト者としての霊性を養うことができるようになるのです。
空白
≪≪四旬節・復活節の共同祈願・叙唱TOP
空白