名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
空白

王であるキリスト(祭日)

空白
集会祈願

      全能永遠の神よ、
      あなたは、天地万物の王であるキリストのうちに、
      すべてが一つに集められるようお定めになりました。
      造られたすべてのものが、
      罪の束縛から解放されてあなたに使え、
      栄光を終わりなくたたえることができますように。

      Omnipotens sempiterne Deus,
      qui in dilecto filio tuo, universorum Rege,
      omnia instaurare voluisti,
      concede propitius,
      ut tota creatura, a servitude liberate,
      tuae maiestati deserviat ac te sine fine collaudet.

      Almighty ever-living God,
      whose will is to restore all things
      in your beloved Son, the King of the universe,
      grant, we pray,
      that the whole of creation, set free from slavery,
      may render your majesty service
      And ceaselessly proclaim your praise.

  福音箇所
  A年:マタイ 2:13-15,19-23  B年:ルカ 2:22-40  C年:ルカ 2:41-52

叙唱

      聖なる父、全能永遠の神、
      いつどこでも主イエス・キリストによって
      賛美と感謝をささげることは、
      まことにとうといたいせつな務めです。
      あなたはひとり子である主イエス・キリストに
      喜びの油を注ぎ、永遠に祭司、宇宙の王となさいました。
      キリストは十字架の祭壇で、
      ご自分を汚れのない和解のいけにえとしえささげ、
      人類あがないの神秘をなしとげられ、
      宇宙万物を支配、
      その王国を限りない栄光に輝くあなたにおささげになりました。
      真理と生命の国、
      聖性と恩恵の国、
      正義と平和と平和の国。
      神の威光をあがめ、権能を敬うすべての天使とともに、
      わたしたちもあなたの栄光を終わりなくほめ歌います。

      Vere dignum et iustum est, aequum et salutare,
      Nos tibi semper et ubique gratias agere:
      Domine, sancta Pater, omnipotens aeterne Deus:
      Qui Unigenitum Filiium tuum.
      Dominum nostrum Iesum Christum,
      Sacerdotum aeternum, et universorum Regem,
      Oleo exultationis unxisti:
      Ut, seipsum in ara crucis
      Hostiam imaculatam et pacificam offerens,
      Redemptionis humanae sacramenta perageret:
      Et, suo subiectis imperio omnibus creaturis,
      Aeternum et universale regnum
      Immensae tua traderet maiestati:
      Regnum et veritatis et vitae;
      Regnum sanctitatis et gratiae;
      Regnum iustitiae, amoris et pacis.
      Et ideo cum Angelis et Archangelis,
      Cum thronis et dominationibus,
      Cumque omni militia caelestis exercitus,
      Hymnum gloriae tua canimus,
      Sine fine dicentes.

      It is truly right and just, our
      duty and our salvation,
      Always and everywhere to give you thanks,
      Lord, holy Father, almighty and eternal God.
      For you anointed your Only Begotten So,
      Our Lord Jesus Christ, with the oil of gladness
      As eternal Priest and King of all creation,
      So that by offering himself on the altar of the Cross,
      As a spotless sacrifice to bring us peace,
      He might accomplish the mysteries of human redemption
      And making all created things subject to his rule
      He might present to the immensity of your majesty
      An eternal and universal kingdom,
      A kingdom of truth and life,
      A kingdom of holiness and grace,
      A kingdom of justice, love and peace.
      And so with the Angels and Archangels,
      With Thrones and Dominions,
      And with all the hosts and Powers of heaven,
      We sing the hymn of your glory,
      As without end we acclaim.

解説

  王であるキリストの祭日は1925年12月に発表されたピオ XIの回勅“Qua Primas”によって設定されました。この祭日の神学的根拠を理解するためにその回勅を読むのを大いに進めます。 彼の前任者ベネデイクトXVは第一次世界大戦中ずっと平和のために働きました、そして亡くなる一年前の六月にBp. Achille Ratti(後のピオXI)をミラノの大司教と任命すると同時に枢機卿と選任しました。
  ベネデイクトXVは1922年1月22日に帰天しました。ピオXIは1922年2月6日に教皇として選出されて、自分のモットーを “Pax Christi in Regno Christi”-「キリストの支配にキリストの平和」にしました。 自分の初めての回勅、Ubi Arcano Dei Consilio (1922年12月)にそのモットーを選んだ理由を説明しました。第一次世界大戦終戦後も4年がたっていたが世界には本当の平和の訪れを実感できない世の中でした。 その細かい説明は本当興味深いものです。1925年の時点で世界に世俗主義が主流になりつつことを懸念して、主イエス・キリストの福音、神の国、キリストの支配のもとに本当の平和があるのを回勅をとして呼びかけながら王であるキリストの祭日を設定しました。
  今日の祭日の集会祈願と叙唱はピオXIの出張をみごとに反映しています。今の時代に王について話すのはもう無理だという人はキリストの十字架は祭壇で、王であるキリストの玉座だと思い出して欲しい。キリストの支配のもとに生まれる国は真理と生命の国、聖性と恩恵の国、正義と平和と平和の国。
  福音箇所
  A年:マタイ 25: 31-36  B年:ヨハネ 18: 33-37  C年:ルカ 23: 35-43

空白