名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
空白

主の降誕
(日中のミサ)

空白
集会祈願

      永遠の父よ、
      あなたは人間を優れたものとして造り、
      救いの業を通して、さらに優れたものにしてくださいました。
      神のひとり子が人となられたことによって、
      わたしたちに神のいのちが与えられますように。

      Deus, qui humanae substantiae dignitatem,
      et mirabiliter condidisti, et mirabilius reformasti,
      da, quaesumus, nobis eius divinitatis esse consortes,
      qui humanitatis nostrae fieri dignatus est particeps.

      O God, who wonderfully created the dignity of human nature
      and still more wonderfully restored it,
      grant, we pray,
      that we may share in the divinity of Christ,
      who humbled himself to share in our humanity.

  福音箇所
  ヨハネ 1:1-18

解説

  原文または英語訳に比べて、日本語訳には問題点は多い。例えば、”mirabiliter condidisti “と”mirabilius reformasti”は翻訳されていません。 ”mirabilis”、mirabiliter”は「不思議、素晴らしい、誉め称えるべき」という意味で神の業を形容する言葉は古くから伝統的なことばです。後半の”eius divinitatis esse consortes,qui humanitatis nostrae fieri dignatus est particeps”は供え物の準備の時出てくることばです。 司式司祭はカリスに水を2、3滴を加えるとき次のことばを唱えます。”Per huius aqua et vini mysterium eius efficiamur divnitatis consortes, qui humanitatis nostra fieri dignatus est particeps.” 残念ながら今の日本語の式文の翻訳も不十分です。従って福音との接点もぼやけています。 この祈りの意味を解き明かすに当たってヨハネ福音1:11-14は大事です。夜半のミサと早朝のミサの集会祈願に出てくる「光・明かり」は見えませんが福音に充分触れています。ご降誕はまさに世に神の光がお生まれになった記念すべき、お祝いすべき神の不思議な業なのです。
空白
≪≪待降節・降誕節の「集会祈願」「叙唱」top
空白