名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME    ≪≪四旬節・復活節の共同祈願・叙唱TOP
空白

四旬節第5主日

空白
集会祈願

      全能の、父である神よ、
      御子キリストは、
      人々を愛してみずからを死に渡されました。
      わたしたちも、
      この愛のうちに力強く歩ことができますように。

      Quaesimus, Domine Deus noster, ut in illa caritate
      qua Filius tuus diligens mundum morti se tradidit,
      inveniamut ipsi, te opitulante, alacriter ambulantes.

      By your help, we beseech you, Lord our God,
      may we walk eagerly in that same charity
      with which, out of love for this world,
      your Son handed himself over to death.

  福音
  ヨハネ  11:1-44(A年)  ヨハネ 12:20-30(B年)  ヨハネ  8:1-11(C年)

洗礼志願者のための典礼があるとき

      聖なる父よ、
      あなたは洗礼志願者の歩みを照らし、
      救いの神秘に導いてくださいます。
      選ばれたこの人々が、洗礼の水によって新たに生まれ、
      キリストの体であるあなたの教会に加えられますように。

      Concede, Domine, electis nostris,
      ut sanctis edocti mysteriis,
      et renoventur fonte baptismatis
      et inter Ecclesiae tuae membra numerentur.

      Grant, O Lord, to these chosen ones
      that, instructed in the holy mysteries,
      they may receive new life at the font of Baptism
      and be numbered among the members of your Church.

四旬節の叙唱  九    ラザロ(第五の主日)

      友の死をいたんで泣き、
      墓に眠るラザロを呼び起こされたキリストは、
      すべての罪のやみに住む民をあわれみ、
      とうとい秘跡によって新しいいのちに導かれます。

      Ipse enim verus homo Lazarus flevit amicum
      et Deus aeternus e tumulo suscitavit,
      qui, humani generis miseratus,
      ad novam vitam sacris mysteriis nos adducit.

      For as true man he wept for Lazarus his friend
      and as eternal God raised him from the tomb,
      just as, taking pity on the human race,
      he leads us by sacred mysteries to new life.

“イエスは涙を流された” Jesus wept.

  四つの福音の中で、一番短い一節と言われています。第五主日A年公有の叙唱は公有の叙唱の中で一番短い。読み解くとこれだけで十分一つの説教のたたき台になります。長い福音の朗読後は短い説教の方がいいかもしれません。

  「御子キリストは、人々を愛してみずからを死に渡されました。」共通用の集会祈願の一行いろいろを教えていますが、ラテン語の原文に出てくる “morti se tradidit,” か英語訳の “handed himself over to death” を見る限り、「委ねる」もしくは「明け渡す」と訳した方のがよかったではないかという思いを感じざるを得ません。

  選ばれたこの人々が、洗礼の水によって新たに生まれ、キリストの体であるあなたの教会に加えられますように。ここで言う「教会」は信徒の共同体を指していることは忘れてはいけません。
空白