名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME    ≪≪四旬節・復活節の共同祈願・叙唱TOP
空白

四旬節第4主日

空白
集会祈願

      聖なる父よ、
      あなたは御子の苦しみと死によって、
      ゆるしの恵みをもたらしてくださいました。
      キリストを信じる人々が、信仰と愛に満たされ、
      主の過越しを迎えることができますように。

      Deus, qui per Verbum tuum
      humani generis reconciliationem mirabiliter operaris,
      raesta, quaesimus, ut populous christianus
      prompta devotione et alacri fide
      ad ventura sollemnia valeat festinare.

      O God,
      who through your Word
      reconcile the human race to yourself in a wonderful way,
      grant, we pray,
      that with prompt devotion and eager faith
      the Christian people may hasten toward the solemn celebrations to come.

  福音
  ヨハネ 9:1-41(A年)  マルコ 3:14-21(B年)  ルカ 15:1-3, 11-32(C年)

洗礼志願者のための典礼があるとき

      全能永遠の神よ、
      あなたの教会を聖霊の喜びで満たし、
      成長させてください。
      土から生まれ、土に帰って行くわたしたちが、
      洗礼によってキリストとともに生きる者となりますように。

      Omnipotens sempiterne Deus,
      ecclesiam tuam spiritali iucunditate multiplica,
      ut, qui sunt generatione terreni,
      fiat regeneratione caelestes.

      Almighty ever-living God,
      give to your Church an increase in spiritual joy,
      so that those once born of earth
      may be reborn as citizens of heaven.

四旬節の叙唱  八    生まれながらの盲人(第4主日固有)

      キリストはすべての人を照らすまことの光、
      暗やみを歩く民を信仰に導くかた。
      罪の重荷を負って生まれた人びとと洗礼の水によって解放し、
      神の子どもとしてくださいます。

      Qui genus humanum, in tenebris ambulans,
      ad fidei claritatem per mysterium incarnationis adduxit,
      et, qui servi peccati veteris nascebantur,
      per lavacrum regenerationis in filios adoptionis assumpsit.

      By the mystery of the Incarnation,
      he has led the human race that has walked in darkness
      into the radiance of faith,
      and he has bought those born in slavery to ancient sin
      through the waters of regeneration
      to make them your adopted children.

  ルカ福音書1章の最後にザカリアの預言ということばは記されています。別名はザカリアの歌 (Benedictus)。四旬節第四主日の洗礼志願者のための典礼を執り行う叙唱はザカリアの歌のことばを引用しているように聞こえます。

「これは我らの神の憐みのこころみよる。この憐みによって、高いところからあけぼの光が我らをおとずれ、暗闇と死の陰に座している者たちを照らし、我らの歩みを平和の道に導く。」(ルカ、1:78-70)

  A年の今日の福音はヨハネ, 9:1- 41、「イエスが生まれつきの盲人をいやす」奇跡の物語。その日まで座している乞食は神の憐みに触れます。ヨハネ1: 13-41までをじっくり読むとその盲人の信仰への旅を共に歩みます(特に1:17, 1:25, 1:30-33, 1:35-38)。 その信仰の旅を反映しています。「かれが、『主よ、信じます』と言って、ひざまずく」。言語のギリシャ語のことばは、礼拝するという意味を持っています。暗闇に座しているものは、罪の重荷を負っていると言えます。その上ここで言う罪はラテン語の原文を見ると原罪を示唆しています。洗礼志願者、そしてわたしたちも洗礼のよってその罪の重荷から解放されています。ここで四旬節の意味、目的は再確認されています、「四旬節の典礼によって、洗礼志願者はキリスト教入信の諸段階を通して、また、信者はすでに受けた洗礼の記念と償いのわざを通して、過越の神秘の祭儀に備えるのである。」自分の心の準備として洗礼志願者の典礼の集会祈願をゆっくり黙想したいと思います。
空白