名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME    ≪≪四旬節・復活節の共同祈願・叙唱TOP
空白

四旬節第3主日

空白
集会祈願

      信じる者の力である神よ、
      あなたは、祈り、節制、愛のわざによって、
      わたしたちが罪にうち勝つことをお望みになります。
      弱さのために倒れて力を落とすわたしたちを、
      いつもあわれみをもって助け起こしてください。

      Deus,
      omnium misericordiarum et totius bonitatis auctor,
      qui peccatorum remedia in ieiuniis,
      orationibus et eleemosynis demonstrasti,
      hanc humilitatis nostrae confessionem propitius intuere,
      ut, qui inclinamur conscientia nostra,
      tua semper misericordia sublevemur.

      O God,
      author of every mercy and of all goodness,
      who in fasting, prayer and almsgiving
      have shown us a remedy for sin,
      look graciously on this confession of our lowliness,
      that we who are bowed down by our conscience,
      may always be lifted up in your mercy.

  福音
  ヨハネ  4:5-42(A年)  マルコ 2:13-25(B年)  ルカ  13:1-9(C年)

洗礼志願者のための典礼があるとき

      聖なる父よ、
      洗礼志願者の信仰の歩みを照らし、
      導いてください。
      あなたの力によって罪の束縛から解放され、
      新しい人となることができますように。

      Da, quaesimus, Domine, electis nostris
      digne atque sapienter ad confessionem tuae laudis accedere,
      ut dignitate pristina,
      quam originali transgressione perdiderant
      per tuam gloriam reformentur.

      Grant, we pray, O Lord,
      that these chosen ones may come worthily and wisely
      to the confession of your praise,
      so that in accordance with that first dignity,
      which they lost by original sin
      they may be fashioned anew through your glory.

四旬節の叙唱  七    サマリアの婦人(第3主日固有)

      サマリアの婦人に水を求められた主・キリストは、
      その婦人の心に信仰の恵みを与え
      愛の火を、燃え上がらせて回心に導かれました。

      Qui, dum aquae sibi petit potum a Samaritana praeberi,
      iam in ea fidei donum ipse creaverat,
      et ita eius fidem sitire dignatus est,
      ut ignem in illa divini amoris accenderet.

      When he asked the Samaritan woman for water to drink,
      he had already created the gift of faith within her
      and so ardently did he thirst for her faith,
      that he kindled in her the fire of divine love.

  四旬節第三主日A年の福音箇所は確かに長い。「聖書と典礼」にその省略した形式で掲載してあります。紙面の都合でそうせざるを得ないかもしれませんが、この物語に含まれてる教えなどを考えれば残念に思います。
  初めからイエスとサマリアの婦人の話はかみ合わない、出会いがあっても会話になるが対話にならない。叙唱ではイエス・御父である神は「婦人の心に信仰の恵みを与え」、ラテン語と英語では “creaverat”/”create”―創造したと書いてあります。そして、その信仰の恵みは “donum”/”gift”― 賜物となっています。イエスはわたしたちが信仰の心を持つことを望んでいます。そしてそのために神はut ignem in illa divini amoris accenderet・he kindled in her the fire of divine love。 原文にもっと近い日本語にすれば、「神の愛の火をつけ、燃え上がらせた。彼女はその愛の火によって回心に導かれた。」
  叙唱のことばからヒントを得て、福音から得られる教えが浮かんできます。また、共通の集会祈願に出てくるこの文章の理解が深められます。「弱さのために倒れて力を落とすわたしたちを、いつもあわれみをもって助け起こしてください。」洗礼志願者のための典礼の集会祈願のこの文章「あなたの力によって罪の束縛から解放され、新しい人となることができますように。」との接点も見えてきます。
空白