名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME    ≪≪四旬節・復活節の共同祈願・叙唱TOP
空白

四旬節第2主日

空白
集会祈願

      聖なる父、
      あなたは、「愛する子を聞け」とお命じになりました。
      み言葉によって私たちを養ってください。
      信仰の目が清められてあなたの顔を仰ぎ見ることができますように。

      Deus,
      qui nobis dilectum Filium tuum audire praecepisti
      vero tuo interius nos pascere digneris,
      ut, spiritali purificato intuit,
      gloriae tuae laetemur aspectu.

      O God,
      Who have commanded us to listen to your beloved Son,
      be pleased we pray,
      to nourish us inwardly by your word,
      that with spiritual sight made pure,
      we may rejoice to behold your glory.

  福音
  マタイ 17:1-9(A年)  マルコ 9:2-10(B年)  ルカ 9:28-36(C年)

四旬節の第二の主日にかならず主のご変容の話が朗読されています。そしてご変容そのものより御父の声・言葉に重みをおきます。愛する子に聞くために、その言葉はわたしたちの心に響くために、日ごろにその言葉によって、自分の心を養う、自分の信仰の目を清める必要性は欠かさないものです。愛に養われた心、清められた目こそ、主の受難の神秘を受けられます。

日本語の祈願文は三つの文章に分かれていますのでその初めから最後までの一貫性は十分伝えきれていません。
空白