名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME≪≪四旬節・復活節の共同祈願・叙唱TOP
空白

灰の水曜日

空白
集会祈願

      人々の回心をお望みになる神よ、
      四旬節の初めに当たり、
      福音を信じてキリストの弟子となった私たちに、
      悪霊に対して戦う力をお与えください。

      Concede nobis, Domine,
      praesidia militia christianae sanctis inchoare ieiuniis,
      ut, contra spiritales nequitias pugnaturi,
      continentiae muniamur auxiliis.

      Grant, O Lord, that we may begin with holy fasting
      this campaign of Christian service,
      so that as we take up battle against spiritual evils,
      we may be armed with weapons of self-restraint.

  福音
  マタイ  6:1-6,16-18

平日でありながらこの日から四旬節が始まります。灰の式そのものについての文献は、950年ごろのものあますが、ローマからのものではなく今のドイツ地方です。それそれ以前灰の祝別を示唆されている記述はありますが、その関連の式典についての詳細な記述はありません。今の式が確定したのは1100年頃と考えられています。灰の祝福の祈りは興味深いですし、四旬節の意味を解く上に役に立ちます。前述の参考文献を参照ください。

悪霊という言葉を広い意味で解釈したいものです。 英語とラテン語に比べて日本語の訳は柔らかい、寛容でもと言えます。戦いを示唆する表現幾つかは充分日本語訳の四行目に見え隠れしているようになっています。戦(いくさ)、武器を持って望む季節。相手、敵は誰でしょう?

空白
≪≪四旬節・復活節の集会祈願・叙唱top
空白