名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
空白

待降節の叙唱と集会祈願
第2主日

空白
集会祈願

      恵み豊かな神よ、
      御子を迎えに急ぐわたしたちが、
      あなたの力に強められて罪の妨げに打ち勝ち、
      キリストに結ばれることができますように。

      Omnipotens et misericors Deus,
      In tui occursum Filii festinantes
      Nulla opera terreni actus impediant,
      Sed sapientiae caelestis erudito nos faciat eius esse consortes.

      All mighty and merciful God,
      May no earthly undertaking hinder those
      Who set out in haste to meet your Son,
      But may our learning of heavenly wisdom
      Gain us admittance to his company.

  集会祈願の日本語訳は必要以上罪に概念にこだわっています。原文のラテン語 “Nulla opera terreni actus impediant”は英語では、”May no earthly undertaking hinder (those).”と翻訳されています。この世間のものの見方、生き方はわたしたちの視野を狭め、進む道を阻める可能性あります。わたしたちが”sapientiae caelestis erudito,”「天の知恵を習わなければなりません。」「キリストの仲間(“consortes”)に入れてもらうために。」

  そのために改心が必要であり、自分の心に通じる道を整える―今日の福音に記されている、洗礼者ヨハネの呼びかけに耳を傾けて、心を開かなければなりません。

A年の福音には、
イザヤを引用して、「荒れ野で叫ぶ者の声がする。『主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ。』」

B年の福音には、
イザヤ書からちょっと長い引用になります。マタイに引用された文章に前置きとして、洗礼者ヨハネを示唆する文章がはいります。「見よ、私はあなたより使者を遣わし、あなたの道を準備させよう。」

C年の福音には、
イザヤ書の続きまでを引用する。「谷はすべて埋められ、山と丘はみな低くされる。曲がった道はまっすぐにでこぼこ道は平らになり、人は皆、神に救いを仰ぎ見る。」

  A年:マタイ 3:1-12  B年:マルコ 1:1-8  C年ルカ 3:1-6

  待降節の第三主日から典礼の焦点が移ります。イエスのご降誕を待つ心に重点をおきます。それは叙唱のことばにはっきりみえます。

叙唱

      聖なる父、全の永遠の神よ、いつどこでも主・キリストによって、
      賛美と感謝をささげることは、まことにとうといたいせつなつとめです。

      主・キリストをすべての預言者は前もって語り、
      おとめマリアはいつくしみを込めて養い育て、
      洗礼者ヨハネはその到来を告げ知らせました。
      キリストは今、その誕生の神秘を祝う喜びをお与えになり、
      わたしたちは絶えず眼覚めて祈り、
      賛美しながら主を喜び迎えます。

      神の威光をあがめ、権能を敬うすべての天使とともに、
      わたしたちもあなたの栄光を終わりなくほめ歌います。


      Vere dignum et iustum est, aequum et salutare,
      nobis tibi semper et ubique gratias agere:
      Domine, sancte Pater, omnipotens aeterne Deus:
      per Christum Dominum nostrum.

      Quem praedixerunt cunctorum praeconia prophetarum,
      Virgo Mater ineffabili dilectione sustinuit,
      Ioannes cecinit affuturum et adesse monstravit.
      Qui suae nativitatis mysterium
      tribuit nos praevenire gaudentes,
      ut et in oration pervigiles
      et in suis invenait laudibus exultantes

      Et ideo cum Angelis at Archangelis,
      cum Thronis et Dominationibnus,
      cumque omni militia caelestis exercitus,
      hymnum gloriae tuae canimus,
      sine fine dicentes:


      It is truly right and just, our duty and our salvation,
      always and everywhere to give you thanks,
      Lord, holy Father, almighty and eternal God,
      through Christ our Lord.

      For all the oracles of the prophets foretold him,
      the Virgin Mary longed for him
      with love beyond all telling,
      John the Baptist sang at his coming
      and proclaimed his presence when he came.
      It is by his gift that already we rejoice
      at the mystery of his Nativity,
      so that he may find us watchful in prayer
      and exultant in his praise.

      And so, with Angels and Archangels,
      with Thrones and Dominions,
      and with all the hosts and Powers of heaven,
      we sing the hymn of your glory,
      as without end we acclaim:


  但し、いつから使うことができるかラテン語と英語は統一していますが、日本語のルブリカ(典礼注記)は、ずれています。ローマ・ミサのルブリカによって第三主日からの使用は可能となっています。すなわち、今年、2016年の第三主日は12月11日となっていますが使用して良いということです。

  待降節第二叙唱の使用について “Missale Romanum”に次の典礼注記がしるされています。

  Sequens praefatio dicitur: in Missis in tempore a die 17 ad diem 24 Decembris; in ceteris Missis, quae celebrantur eodem tempore et praefatione propria carent.
  参照:Missale Romanum, P.394

  The following Preface is said in Masses of Advent from December 17 to December 24 and in other Masses that are celebrated in Advent and have no proper Preface.
  参照:The Roman Missal. P. 536

  この叙唱は、12月17日から12月24日までの待降節のミサに用いる。
  参照:ミサ典礼書、P.545


叙唱の核心の部分を見てみましょう。

      主・キリストをすべての預言者は前もって語り、
      おとめマリアはいつくしみを込めて養い育て、
      洗礼者ヨハネはその到来を告げ知らせました。
      キリストは今、その誕生の神秘を祝う喜びをお与えになり、
      わたしたちは絶えず眼覚めて祈り、
      賛美しながら主を喜び迎えます。

2行目の翻訳は日本の独自な訳となっています。ラテン語と英語は違うところに焦点、重点を置いています。

      Virgo Mater ineffabili dilectione sustinuit,
      the Virgin Mary longed for him

  マリア様は言葉で言い尽くせないほどの愛でイエスの誕生を待っていました。待降節の心としてマリアのこころは大切です。その誕生日の神秘を祝う喜びは確かにイエスがお与えになりますが絶えず目覚めて祈ることを考えるとその祈りの原動力は言い尽くせない愛にあるではないか。マリアに倣って、祈りながら待つように呼ばれています。

空白
≪≪待降節・降誕節の「集会祈願」「叙唱」top
空白