≪≪HOME      ≪≪年間主日の集会祈願TOP
空白

探る「集会祈願」−一つの試み−
年間第5主日

空白
      信じる者の力である神よ、
      尽きることのないいつくしみのうちに
      わたしたちを守ってください。
      あなたの恵みを唯一の希望とするこの家族が
      いつもあなたの力によって強められますように。

      Familiam tuam, quaesumus,Dominie,
      continua pietate custodi,
      ut,quae in sola spe gratiae caelestis innititur,
      tua semper protectione muniatur.

      Keep your family safe, O Lord, with unfailing care,
      that, relying solely on the hope of heavenly grace,
      they may be defended always by your protection.

  福音との接点はあまりにも抽象的でわかりにくいかと思います。
  ラテン語と英語の場合一つの文章は日本語訳の場合二文に分けられていることを指摘しました。ですが、問題点はそれだけではありません。ラテン語訳と英語訳の一行目の “familiam”/”family” という言葉は四行目になって初めて書かれていることに疑問を持ちます。文章の中でその言葉が果たす役割を考えれば、その意味が薄らいでしまいます。ここでいう「家族」は神の家族、信徒の共同体、地球家族とでも言えます。その家族の希望、頼りは、神の恵み、その尽きることのないいつくしみです。それによって私たちが守られています。
(A年福音箇所:マタイ5:13-16)

空白
≪≪年間第4主日の集会祈願                年間第6主日の集会祈願≫≫
空白