名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME      ≪≪年間主日の集会祈願TOP
空白

探る「集会祈願」−一つの試み−
年間第34週

空白
      いつくしみ深い神よ、
      信じる者の心を呼びさましてください。
      あなたの恵みに速やかにこたえ、
      救いの実りを豊かに受けることができますように

      Excita, quaesumus , Domine,
      tuorum fidelium voluntates,
      ut, divini operis fructum propensius exsequentes,
      pietatis tuae remedia maiora percipiant.

      Stir up the will of your faithful, we pray, O Lord,
      the constant gladness of being devoted to you,
      that, striving more eagerly,
      to bring your divine work to fruitful completion,
      they may receive in greater measure
      the healing remedies your kindness bestows.
(A年福音箇所:マタイ 21:1-4「やもめの献金」)

※年間最後の主日は「王であるキリストの祭日」として祝います。それでここで祭日の集会祈願ではなくて、第34週日のために用意された祈願を取り上げることにしました。

集会祈願の冒頭から主である神がわたしたちのこころ(決意、意志)を燃え立たせるように願って、今までより熱心にあなたのみ業、ご計画を実りに満ちた完成に協力して、なおさら主がいつくしみをもってくださる救いの恵みを。

注記
2001年3月28日CDWDSから発行された翻訳指針, Liturgiam Authenticam、によって典礼式書の各言語の翻訳はできる限りラテン語の一つ一つのことばの意味を反映しなければなりません。ローマ・ミサ典書、第三版の英語訳はその指針を前提してできたものです。したがって各集会祈願のラテン語の意味を明かすために参考にしました。その上各言葉の意味を確認するために下記の辞書を参考にしました。

The Pocket Oxford Latin Dictionary, (Oxford, 1994)
Charlton T Lewis, Elementary Latin Dictionary, (Oxford, 1989)
Chambers Murray, Latin- English Dictionary, (Chambers, 2005)
Lewis & Short, Latin Dictionary, (1879), (Lewis & Short, is still considered a standard work of reference.) It can be accessed on line at either of the following websites:
The Perseus Project @ Tufts University is a valuable resource for any working in the classical languages
Provides quick and accessible access to Lewis & Short.
Wilfrid Diamond, Dictionary of Liturgical Latin, (Wiph & Stock, 2008-reprint)
空白
≪≪年間第33主日の集会祈願
空白