≪≪HOME      ≪≪年間主日の集会祈願TOP
空白

探る「集会祈願」−一つの試み−
年間第27主日

空白
      全能永遠の神よ、
      あなたの恵みは限りなく、
      人の思いをはるかに超えて世界の上に注がれます。
      わたしたちを罪の重荷から解放し、
      まことの自由に導いてください。

      Omnipotens sempiterene Deus,
      Qui abundantia pietatis tuae
      Et merita supplicum excedis et vota,
      Effunde super nos misericordiam tuam,
      Ut dimittas quae conscientia metuit,
      Et adicias quod oratio non praesumit.

      Almighty ever-living God,
      Who in the abundance of your kindness
      Surpass the merits and the desires of those who entreat you,
      Pour out your mercy upon us
      To pardon what conscience dreads
      And to give what prayer does not dare to ask.

  福音はブドウ園と農夫のたとえ。農夫は跡取りをブドウ園の外に掘り出して殺してしまう。彼らは神の恵みや慈しみに与る資格はないとわたしたちの見方でしょう。ところで「家を建てる者は捨てた石、これが隅の親石となった。これは、主はなさったことで、わたしたちの目には不思議に見える。」
  集会祈願は神の恵みは人の思いをはるかに超えるという希望に満ちたことを語ります。残念ながら日本語文の最後の二行は原文を反映していません。神を裏切った,背を向けた人類は神に憐れんで、自分の良心に責められて、祈りで願う資格はないと確信したのに…。A年の第二朗読も参照にするとよいでしょう。
(A年福音箇所:マタイ21:33-43)
空白
≪≪年間第26主日の集会祈願                年間第28主日の集会祈願≫≫
空白