名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME      ≪≪年間主日の集会祈願TOP
空白

探る「集会祈願」−一つの試み−
年間第22主日

空白
      全能永遠の神よ、
      あなたを愛する心をお与えください。
      復活の信仰に生きるわたしたちが、人々の中で、
      絶えずそのあかしを立てることができますように。

      Deus virtutum, cuius est totum quod est optimum,
      Insere pectoribus nostris tui nominis amorem,
      Et praesta, ut in nobis,
      Religionis augment quae sunt bona nutrias,
      Ac, vigilanti studio, quae sunt nutria custodias.

      God of might, giver of every good gift,
      Put into our hearts the love of your name,
      So that, by deepening our sense of reverence,
      We may nurture in us what is good
      And by your watchful care,
      Keep safe what you have nurtured.

  ペトロの信仰告白を受けてイエスは一回目の受難の予告を表明します(16:21)。16:24b も目にとまります。 すべての賜物の送り主である神にその名を愛するように祈って、深い畏敬に満ちた心から善を養う、神さまが私たちの心に養ったものを守るように祈ります。
  今日の集会祈願の原文はそれほどはっきり前半と後半に分かれていません。そして日本語訳に出てくる復活の概念は原文にはありません。
(A年福音箇所:マタイ16:21-27)
空白
≪≪年間第21主日の集会祈願                年間第23主日の集会祈願≫≫
空白