≪≪HOME      ≪≪年間主日の集会祈願TOP
空白

探る「集会祈願」−一つの試み−
年間第14主日

空白
      聖なる父よ、
      あなたは、倒れていた世界を、
      キリストの死によって
      新しいいのちに立ち直らせてくださいました。
      信じるものを罪の束縛から解放し、
      終わりのない喜びにあずからせてください。

      Deus, qui in Filii tui humilitate
      iacentem mundum erexisti,
      fidelibus tuis sanctam concede laetitiam,
      ut, quos eripuisti a servitute peccati,
      gaudiis facias perfrui sempiternis

      O God, in the abasement of your Son have raised up a fallen world
      fill your faithful with holy joy,
      for on those you have rescued from slavery to sin
      you bestow eternal gladness.

An alternative trans:
  O God, who in the humiliation of your Son raised up a fallen world,
  grant holy joy to your faithful people,
  so that they whom you snatched from the slavery of sin,
  may be enabled to enjoy eternal happiness.
  ―Instead of “holy joy”, other suggested alternatives are, “true joy” and “heavenly joy”.

  第一の朗読(ゼカ9:9-10)と福音を一組と考えればその接点がみえます。頭の体操、発想の転換も必要です。 祈願そのものはパウロのフィリピンの信徒への手紙、2:5-11を思い起こす。残念ながら日本語訳はその点を充分反映していませんし、現在のローマ・ミサ典礼書の英語訳は普段使われていない言葉”abasement”を使っていますのでわかりにくい文章になっています。
(A年福音箇所:マタイ11:25-30)

※今回、第13と14主日の祈願のラテン語も多少わかりにくい文章だったので専門家の同僚に翻訳してもらいました。
空白
≪≪年間第13主日の集会祈願                年間第15主日の集会祈願≫≫
空白