≪≪HOME      ≪≪年間主日の集会祈願TOP
空白

探る「集会祈願」−一つの試み−
年間第13主日

空白
      いつくしみ深い父よ、あなたはわたしたちを選び、
      光の子としてくださいました。
      わたしたちが罪のやみに迷うことなく、
      いつも心理の光のうちに
      歩むことができますように。

      Deus, qui, per adoptionem gratiae,
      lucis nos esse filios voluisti,
      praesta, quaesumus, ut errorum non involvamur tenebris,
      sed in splendore veritatis semper maneamus conspicui

      O God, who through the grace of adoption chose us to be children of light,
      Grant, we pray, that we may not be wrapped in the darkness of error
      But always be seen to stand in the bright light of truth.

An alternative trans:
  O God, who by the grace of adoption, willed that we be children of (the) light,
  Grant we pray, that we need not be engulfed (shrouded) by the darkness of error(s),
  But always continue to shine out (constantly shine out) with the splendor of truth.
  ―Rather than “engulfed”, other possibilities- “overwhelmed” or “enveloped”.

  集会祈願の大事な概念は「養子縁組/養子にされた恵み」と「真理の光に留まる」と見てもいいと思います。残念ながら日本語訳に反映されていません。福音との接点は多少抽象的または逆説的と考えれば見えてくる。養子にされている人の生き方、心構えを語っている。第二朗読、ローマ書、6:3-4,8-11も参照。
(A年福音箇所:マタイ10:37-42)

※今回、第13と14主日の祈願のラテン語も多少わかりにくい文章だったので専門家の同僚に翻訳してもらいました。
空白
≪≪年間第12主日の集会祈願                年間第14主日の集会祈願≫≫
空白