≪≪HOME      ≪≪年間主日の集会祈願TOP
空白

探る「集会祈願」−一つの試み−
年間第11主日

空白
      あなたに望みをおく者の力である神よ、
      わたしたちの祈りに耳を傾け、あなたからはなれては
      何もできない私たちを恵みの力で強めてください。
      わたしたちがあなたのことばを守り、
      心も行いもみ旨にかなうものとなりますように。

      Deus, in te sperantium fortitudo,
      invocationibus nostris adesto propitius,
      et, quia sine te nihil potest mortalis infirmatis,
      gratiae tuae presta semper auxilium,
      ut, in exsequendis mandatis tuis,
      et voluntate tibi et actione placeamus.

      O God, strength of those who hope in you,
      Graciously hear our pleas,
      And, since without you mortal frailty can do nothing,
      Grant us always the help of your grace,
      That in following your commands
      We may please you by our resolve and our deeds.

  今日の福音は十二使徒の選出の話。その選出の前提は36節に記してあります。「群衆は飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれてのを見て、深く憐れまれた。」
  祈願に、ヨハネ6: 68, とミサ中、ご聖体拝領前の「あなたをおいてだれのところに行きましょう」を反映している表現が出ていますが原文の”mortalis infirmatis”、英文の”mortal frailty”に比べて意味が弱くなっています。「あなたのことば」また「み旨」はラテン語で “mandatis”「指示」、英語で “commands”「命令」で表現しています。恵みの支えなしにわたしたちは何もできません。英語の訳全文を読まないと一般信徒にとってはその意味が理解できにくいことを認めざるを得ないません。ヨハネ15:5 も参照にするとよいでしょう。
(A年福音箇所:マタイ9:36-10:8)

空白
≪≪年間第10主日の集会祈願                年間第12主日の集会祈願≫≫
空白