≪≪HOME
    ≪≪典礼における信徒の奉仕職TOP
空白

典礼における信徒の奉仕職
―信徒としての司祭職―

もてなしMo-Te-Na-Shi  3

空白
奉納行列とミサ献金

ミサ献金係はその献金籠・箱は奉納行列が始まる前に回るように努力し、工夫しなければなりません。叙唱前句・対話句以降、祭壇の方に持っていくのはあり得ないことです。避けるべきことです。2015年の帰国休暇の間にこの件に関して様々な工夫ををしている教会を見ました。ある日曜日のミサ1000人以上の信者が参加したイギリス、ウエストミニスター大聖堂に五分間で献金集め終えました。係の人数は結構いましたが、前もっての献金籠は適切なところに置かれてあり、係は男女で自分の担当する場所内に待機していました。また、ミサ献金は教会の収入ではないことを確認してみてください(ローマミサ典礼書の総則140参照)。

奉納行列では、案内係に人選を委任している教会は少なくありません。どのような基準で行列する人を選ぶことは大切なことです。奉納行列の意味からいえば適切ではない例がたびたび見受けられます。奉納行列に加わる人は信徒の代表としてその役割を担っています。小学生低学年ぐらいの子どもだけでは奉納行列の意味がうすれてしまいます。イギリス、アイルランドなどの国々で毎週一つの家族にその役割を一任するパターンが主流となっています。そのやり方を参考にしてみてはいかがでしょうか。各教会の現状によって難しいかもしれません。少なくとも供え物の準備の儀の信徒参加を再考することを提言したいと思います。
空白
空白
≪≪もてなしMo-Te-Na-Shi  2
空白