≪≪HOME      ≪≪典礼における信徒の奉仕職TOP
空白

典礼における信徒の奉仕職
―信徒としての司祭職―

もてなしMo-Te-Na-Shi  1

空白
  東京を2020の五輪候補地の誘致活動が盛んに行われたころ滝川クリステルが「もてなし」という言葉をよく使いました。辞書で調べたらー「客への対応の仕方。待遇。」としか書いてありません。今ひらがなで書きますが漢字で書くと「持て成し」とかきます。似た言葉として「奉仕」はよく出てきます。さらに調べみましたところ、「もてなすとは、心から歓迎する気持ちを込めて相手を丁重に扱う意。御馳走を出すとは限らず、客を歓迎する態度自体をいう場合もある。」1980代のNHKアナウンサー鈴木健二の著作、「気くばりのすすめ」(講談社、1982)を通して気くばりが流行語になりました。もてなしの概念に繋がりますね。「心をこめて行うもの、相手に気をつかうこと」について考えてみましょう。 私は1993年以降、直接小教区の司牧に関わっていませんが、カトリック南山教会の英語ミサの司式をし続け、南山教会司祭館に居をおく身として、「奉仕」について1976年に来日して以来、私の経験から振り返ってみたいと思います。

  イギリスなど、英語圏の国で、“The Ministry of Hospitality”について教会で、特ミサにおいてよく耳にします。日本語に直せば”Ministry”は奉仕職、”Hospitality”とは?英語を母国語にする私も一言で言い表せないので辞書で調べてみました。「『旅行者や客を親切に歓待』、『遭遇する』、『もてなすこと』」とありました。「もてなしす」ということと「奉仕」とを具体的に考えていきたいと思います。以下にあげるおそらく4つの奉仕に関わると思います。

1)案内係
2)進行役
3)献金の集金係
4)奉納行列を指導する係。
〈1)、3)と4)は兼務される場合があります。〉
空白
案内係

案内係として信者、未信者問わずミサの前に皆さんがお聖堂に入る時一番初めに出会う方です。案内係の奉仕をされる方には留意してもらいたい点がいくつかあります。

A)案内係はある意味で教会の顔です。その信徒共同体の心を証する人々です。そう考えれば女性の信者にも適している奉仕職ではないでしょうか。一人で数人の子供を連れてくる若いお母さんにとって案内人の中で女の方がいることは心強いと思います。

B)教会の入り口に色々なチラシ等の配布物など置いてあります。ミサの前に信者にとって行動的参加につながるものは優先的に配布すべきですが、ミサの参加に直接関係ないものはミサ後に渡すことをお勧めします。ミサ前に教会報、教区報などを配布すると説教のや供え物の準備の時それらを読んでいる人をよく見かけます。

C)予備の席は不用意においておくと、ミサに遅れてくる人は、自分で空いている席を探さず、祭壇から一番遠いところにあるその席に座り、自分とほかの信者と関わりなしにミサに参加する、もしくは傍観者になりがちです。ミサが終わる前に帰る人もいます。案内係、遅れてきた人に声をかけて空いている席に案内する、帰る人にも声がけをする。もてなしの心の実践であり、気配りの精神が具体化されます。
空白
空白
もてなしMo-Te-Na-Shi  2≫≫
空白