ひとくちメモ  その3

動作(所作)に区別を
少し長いラテン語の文章を引用します。

"Sacerdos, stans ad altare, accipit patenam cum pane, eamque aliqantulum elevatam super altare tenet, secreto dicens:
Deinede deponit pataenam cum super corporale."

この文章は英語ではこう翻訳されています。

"The Priest, standin at the altar, takes the paten with the bread and holds it slightly raised above the altar with bot hands saying in a low voice.....
Then he places the paten with the bread on the corporal."(RM総則、140-141参照)

次に再度ラテン語の文章

   "........accipit panaem, eumque parum elevatum super altare tenens.....
Hostiam consecratam ostendit populp, repoint super patenam."

英語ではこの表現はこう翻訳されています。

"He takes the bread and, holding it slightly raised above the altar continues. ......
He shows the consecrated host to the people, places it on the paten......"

そして最後にこのラテン語の文章に注目したい。

"Accipit patenam cum hostia et calicem, et utrumque elevans, dicit:"

英訳ではこのようになっています。

"He takes the chalice and the paten with the host and raising both, he says:"

ご参考までに、この点に関して次の三冊の本をお勧めしたい。

Committee on Divine Worship, USCCB, "Introduction to the Order of the Mass-a pastoral resource"(USCCB Publishing, 2003), pg.93-94

Catholic Bishops Conference of England & Wales, "Celebrating the Mass-apastoral introduction"(Catholic Truth Society,2005),pg.86-87
  ※  この本を編集した委員会会長、Abp Arthur Rocheは2012年6月26日を持って
    典礼秘跡省の秘書に任命されました。

Paul Turner, "Let Us Pray, a guide to the rubrics of Sunday Mass"(Liturgical Press,2012)pg.121-122.
  ※  Turner神父は米国の司牧典礼(Pastoral Liturgy)の第一人者で、長い間、米国の
     司教団典礼委員会またはICEL(英語における典礼の国際委員会)の顧問を務めた方です。
     ロ−マ・San Anselmo典礼研究所で典礼額の博士号を修得しています。

前記したラテン語の文章は全てローマのミサ典書にRubricaとして記された文章です。その英語の翻訳は一番最近、2010年に典礼秘跡省によって認定されて、2011年の待降節から使用すると定められたものです。残念ながら日本語訳は暫定訳で詳細なところとで欠けているので誤解を招く恐れがあります。

ラテン語の定本または英語の文章を見る限りところどころで司式司祭に違う動作(gesture)がもとめられています。その一つ一つの動作は象徴的な意味を持っていますので、その区別をはっきりするようにお勧めしたい。

(文責)名古屋教区典礼委員会  委員長  Brendan Kelleher svd.
空白
英語総則
空白