名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪検索
空白

待降節第2月曜日

ルカによる福音(ルカ5・17-26)
ある日のこと、イエスが教えておられると、ファリサイ派の人々と律法の教師たちがそこに座っていた。この人々は、ガリラヤとユダヤのすべての村、そしてエルサレムから来たのである。主の力が働いて、イエスは病気をいやしておられた。 すると、男たちが中風を患っている人を床に乗せて運んで来て、家の中に入れてイエスの前に置こうとした。しかし、群衆に阻まれて、運び込む方法が見つからなかったので、屋根に上って瓦をはがし、人々の真ん中のイエスの前に、病人を床ごとつり降ろした。 イエスはその人たちの信仰を見て、「人よ、あなたの罪は赦された」と言われた。ところが、律法学者やファリサイ派の人々はあれこれと考え始めていた。「神を冒涜するこの男はいったい何者だ。ただ神のほかに、いったいだれが、罪を赦すことができるのだろうか。」 イエスは、彼らの考えを知って、お答えになった。「何を心の中で考えているのか。『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて歩け』と言うのと、どちらが易しいか。人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう。」そして、中風の人に、 「わたしはあなたに言う。起き上がり、床を担いで家に帰りなさい」と言われた。その人はすぐさま皆の前で立ち上がり、寝ていた台を取り上げ、神を賛美しながら家に帰っていった。人々は皆、大変驚き、神を賛美し始めた。そして、恐れに打たれて、「今日は、驚くべきことを見た」と言った。

空白
空白
≪≪12月6日(日)             12月8日(火)≫≫
空白