名古屋教区典礼委員会
≪≪HOME
    ≪≪活動報告TOP
空白

2016年度全国典礼担当者会議

  2016年9月5日から3日間、「御聖体の宣教クララ修道会」軽井沢修道院にて、「司教儀式書」に基づいて司教司式のミサや堅信式・叙階式などについて解説を聞いてきました。名古屋教区からは典礼委員長であるブレンダン・ケレハ師(SVD)と委員2名が参加し、今回は各教区の式長(儀典長)も参加しました。名古屋教区からは平田豊彦師が参加されました。
  最終日の説教の中で日本カトリック典礼委員会委員長である梅村司教(横浜教区)は「日本カトリック障害者連絡協議会の担当司教をしており、8月27日の『第11回日本カトリック聴覚障害者の会全国大会』のため名古屋に行ったおりに太田実師のオズボーンの新しい訳書(非売品)を頂いた。『過去50年の進展のなさ』とある。早く、日本のミサ典礼書が正式認可されるといい。」と言われました。日本カトリック典礼委員会の委員の皆様方、また、、関係者の方々の苦労がしのばれます。共同祈願では9月19日には広島教区で日本カトリック典礼委員会のメンバーでもある白浜師が司教叙階されました。新司教のためにお祈りしました。 ( 2016年9月23日 名古屋教区典礼委員会事務局)
空白
9月5日
空白
9月19日
空白